[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  2. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  3. ケージド化合物 caged compound

    ケージド化合物は、光で外せるかごとなる化学構造をつけて不活性化した生物活性物質です

  4. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  5. ミック因子 (Myc factor)

    ミック因子は、リン酸などの土壌ミネラルを運ぶことができる菌根菌から分泌されて、植物に認識される「共生しようよ」のメッセージになる分子。

  6. ノッド因子 (Nod factor)

  7. ブラシノステロイド (brassinosteroid)

  8. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く

  9. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

  10. メラトニン melatonin

  11. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

  12. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)

  13. アコニチン (aconitine)

  14. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  15. チアミン (thiamin)

  16. 水 (water, dihydrogen monoxide)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  2. カフェイン caffeine
  3. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  4. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  5. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  6. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  7. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

PAGE TOP