[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

  1. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  2. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  3. ケージド化合物 caged compound

    ケージド化合物は、光で外せるかごとなる化学構造をつけて不活性化した生物活性物質です

  4. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  5. ミック因子 (Myc factor)

    ミック因子は、リン酸などの土壌ミネラルを運ぶことができる菌根菌から分泌されて、植物に認識される「共生しようよ」のメッセージになる分子。

  6. ノッド因子 (Nod factor)

  7. ブラシノステロイド (brassinosteroid)

  8. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く

  9. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

  10. メラトニン melatonin

  11. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

  12. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)

  13. アコニチン (aconitine)

  14. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  15. チアミン (thiamin)

  16. 水 (water, dihydrogen monoxide)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  2. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー
  3. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  4. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  5. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  6. 比色法の化学(前編)
  7. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP