[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

遠藤章 Akira Endo

遠藤章(えんどう あきら、1933年11月14日 – )は、日本の生化学者、応用微生物学者である(写真:asahi.com)。株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長。東北大学特任教授。

 

経歴

1957 東北大学農学部農芸化学科卒業
1957 三共株式会社 入社
1966 アルバート・アインシュタイン医科大学留学
1975 三共株式会社発酵研究所研究第3室長
1979 東京農工大学農学部 助教授
1986 東京農工大学農学部 教授
1997 東京農工大学農学部 定年退官
1997 東京農工大学 名誉教授
1997 株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長
2007 東北大学特任教授
2009 早稲田大学特命教授

 

受賞歴

1966 日本農芸化学会賞
1987 ハインリヒ・ウイーランド賞
1988 東レ科学技術賞
2000 ウオーレン・アルパート賞
2006 日本国際賞
2006 シャウル・マスリー賞
2008 アルバート・ラスカー臨床医学研究賞
2009 国際動脈硬化学会賞(Outstanding Achievement Award)
2011 文化功労者
2015 マヒドン王子賞(医学部門)
2017 ガードナー国際賞

 

研究概要

スタチン系医薬の開発

スタチン系薬物は、高脂血症の特効薬として処方され、HMG-CoA還元酵素を阻害する事で薬理作用を示します。世界中で処方されている薬の一つであり、ペニシリン以来の夢の薬と言われています。

遠藤らは、スタチン系最初の薬物であるメバスタチン(コンパクチン)を発見し[1]、後に大きな市場となるスタチン系薬物の研究フィールドを切りひらきました。

compactin.gif

メバスタチン自体は毒性発現などの理由により製品化には至りませんでしたが、類似構造をもつ以下のような薬物は、いずれも数十億ドル規模の売り上げを誇るブロックバスター薬となっています。特に第一三共が開発に成功したメバロチン(プラバスタチン)は、武田薬品のタケプロンと並び、世界医薬品売り上げランキングのトップ10に名を連ねた日本産のベストセラー薬です。

simvastatin.gifpravastatin.gif

この業績により、氏には日本国際賞ラスカー臨床医学賞と言ったノーベル賞に匹敵する名誉賞が与えられています。

ムタステインー歯磨きガムの開発

スタチンの発見というあまりにも大きな業績のためあまり知られていないが、歯垢形成阻害物質を探し、カビから強力な阻害物質(ムタステインと命名)を発見した。後に企業との共同研究により工業生産に成功、1986年このムタステインを使った歯磨きガムがロッテから発売されている(商品名「NOTIME」)

コメント&その他

Wikipediaの業績欄を読めば分かりますが、スタチン系医薬の開発においては、山あり谷ありの壮絶な歴史がありました。研究者の一念岩をも通す――まさに彼の強き信念があってこそ、開発にこぎ着けられた薬と言えます。

関連動画

関連文献

  1. 遠藤章ら 新生理活性物質の製造法 特開昭50-155690 1975年12月16日 (1974年6月7日出願)
  2. 遠藤章.新生理活性物質ムタステイン及びその製造法.特公昭61-47515, 1986年10月20日(1981年3月6日出願).

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  2. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  3. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  4. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  5. 文化勲章・受章化学者一覧
  6. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  7. 森謙治 Kenji Mori
  8. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」
  2. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  5. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  6. ペイン転位 Payne Rearrangement
  7. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  9. FAMSO
  10. 地域の光る化学企業たち-1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP