[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

遠藤章 Akira Endo

遠藤章(えんどう あきら、1933年11月14日 – )は、日本の生化学者、応用微生物学者である(写真:asahi.com)。株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長。東北大学特任教授。

 

経歴

1957 東北大学農学部農芸化学科卒業
1957 三共株式会社 入社
1966 アルバート・アインシュタイン医科大学留学
1975 三共株式会社発酵研究所研究第3室長
1979 東京農工大学農学部 助教授
1986 東京農工大学農学部 教授
1997 東京農工大学農学部 定年退官
1997 東京農工大学 名誉教授
1997 株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長
2007 東北大学特任教授
2009 早稲田大学特命教授

 

受賞歴

1966 日本農芸化学会賞
1987 ハインリヒ・ウイーランド賞
1988 東レ科学技術賞
2000 ウオーレン・アルパート賞
2006 日本国際賞
2006 シャウル・マスリー賞
2008 アルバート・ラスカー臨床医学研究賞
2009 国際動脈硬化学会賞(Outstanding Achievement Award)
2011 文化功労者
2015 マヒドン王子賞(医学部門)
2017 ガードナー国際賞

 

研究概要

スタチン系医薬の開発

スタチン系薬物は、高脂血症の特効薬として処方され、HMG-CoA還元酵素を阻害する事で薬理作用を示します。世界中で処方されている薬の一つであり、ペニシリン以来の夢の薬と言われています。

遠藤らは、スタチン系最初の薬物であるメバスタチン(コンパクチン)を発見し[1]、後に大きな市場となるスタチン系薬物の研究フィールドを切りひらきました。

compactin.gif

メバスタチン自体は毒性発現などの理由により製品化には至りませんでしたが、類似構造をもつ以下のような薬物は、いずれも数十億ドル規模の売り上げを誇るブロックバスター薬となっています。特に第一三共が開発に成功したメバロチン(プラバスタチン)は、武田薬品のタケプロンと並び、世界医薬品売り上げランキングのトップ10に名を連ねた日本産のベストセラー薬です。

simvastatin.gifpravastatin.gif

この業績により、氏には日本国際賞ラスカー臨床医学賞と言ったノーベル賞に匹敵する名誉賞が与えられています。

ムタステインー歯磨きガムの開発

スタチンの発見というあまりにも大きな業績のためあまり知られていないが、歯垢形成阻害物質を探し、カビから強力な阻害物質(ムタステインと命名)を発見した。後に企業との共同研究により工業生産に成功、1986年このムタステインを使った歯磨きガムがロッテから発売されている(商品名「NOTIME」)

コメント&その他

Wikipediaの業績欄を読めば分かりますが、スタチン系医薬の開発においては、山あり谷ありの壮絶な歴史がありました。研究者の一念岩をも通す――まさに彼の強き信念があってこそ、開発にこぎ着けられた薬と言えます。

関連動画

関連文献

  1. 遠藤章ら 新生理活性物質の製造法 特開昭50-155690 1975年12月16日 (1974年6月7日出願)
  2. 遠藤章.新生理活性物質ムタステイン及びその製造法.特公昭61-47515, 1986年10月20日(1981年3月6日出願).

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  2. Wen-Jing Xiao
  3. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  4. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  5. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  6. イライアス・コーリー E. J. Corey
  7. サン・タン San H. Thang
  8. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  2. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  3. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  4. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  5. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  7. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  8. フェントン反応 Fenton Reaction
  9. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  10. ゴム状硫黄は何色?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP