[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

高知和夫 J. K. Kochi

[スポンサーリンク]

 Jay Kazuo Kochi (日本名:高知和夫 1927年5月17日-2008年8月9日 米国カリフォルニア生まれ)は、アメリカの有機化学者である。インディアナ大学名誉教授、ヒューストン大学名誉教授(写真:Angew. Chem. Int. Ed.)。

略歴

カリフォルニア生まれのアメリカ国籍であるが、15歳の時に真珠湾攻撃が起こり、日本人であるためアリゾナキャンプに拘留された。キャンプ内の高校を卒業した後、解放され、カリフォルニア州立大学カリフォルニア校を卒業しました。その後、アイオワ州立大学で博士課程を修了した後、ハーバード大、ケンブリッジ大での研究員を経て、一度Shell Development Coに就職した。1962年にアカデミックに戻り、1969年にインディアナ大学へ映った後、5年後教授となり、その後再び1984年にヒューストン大学へ移動した。

1949 カリフォルニア州立大学カリフォルニア校(UCLA)卒業
1952 アイオワ州立大学博士課程修了 (G. S. Hammond教授)
1952 ハーバード大学インストラクター
1955 ケンブリッジ大学NIH博士研究員
1956 Shell Development Co.研究員
1962 ケース工業大学: Case Institute of Technology 助教授
  (現 ケース・ウェスタン・リザーブ大学:Case Western Reserve University)
1969 インディアナ大学准教授
1974 インディアナ大学教授(Earl Blough Professor)
1984 ヒューストン大学教授 (Robert A. Welch professor)

受賞歴

1981 James Flack Norris Award
1982 U.S. National Academy of Sciences
1983 Professeur Associe, University of Rennes, France
1984 Faulk-Plaut Lecturer, Columbia University, New York
1985 Merck-Frosst Lecturer, University of British Columbia
1984 Victor J. Chambers Lecturer, University of Rochester, New York
1986 Alexander Von Humboldt U.S. Senior Scientist Award
1986 Karl Folkers Lecturer, University of Wisconsin, Madison
1986 Sunner Memorial Lecturer, University of Lund, Lund, Sweden
1988 American Chemical Society Arthur C. Cope Scholar Award,
1989 Arthur D. Little Lecturer, Masachusettes Institute of Technology,
1997 R.A. Welch Lecturer,
2000 Cristol Lecturer, University of Colorado, Boulder

研究

 物理有機化学者であり、有機金属反応の反応機構の解明を中心に研究を行った、その過程で以下の有用な反応を発見した。
Hunsdiecker反応の改良
 カルボン酸の銀塩に対して臭素を作用させると、ラジカル機構を経て、臭化アルキルが得られる反応はHunsdiecker反応として知られていた。

hunsdiecker_1.gif

Hunsdiecker反応

 Kochiらはカルボン酸に対して、塩化リチウム存在下、四酢酸鉛を作用させる事で同様にラジカル機構を経て、塩化アルキルが得られる事を見いだした[1]。現在これはKochi反応と呼ばれている。
Kochi-Furstnerクロスカップリングの開発
kochi_furstner_1.gif
Kochi-Furstnerクロスカップリング
 
塩化アリール・アリールトリフラート・アリールトシラートとGrignard試薬を用いる、鉄触媒によるクロスカップリング反応。アリールクロライドが最もよい基質となる。臭化アリールおよびヨウ化アリールでは脱ハロゲン化が優先する。
 Kochiらは1971年にアルケニルハライドとを基質とした例を報告した[2]。これは熊田ー玉尾カップリング反応と同じく、クロスカップリング反応の先駆的な研究である。
その後、近年FurstnerのグループによってNMP(N-methylpyrrolidone)の添加が基質一般性拡張に重要であることが見出され、より実用性の高い条件へと改善され、両者の名前をとってKochi-Furstnerクロスカップリングと呼ばれている。

コメント&その他

1.サレン錯体を用いたエポキシ化の研究も行っており、近年の不斉エポキシ化反応の元となっている。このように多くの遷移金属触媒反応の基礎を築いており先駆者の一人として知られている。

関連文献

[1] Kochi, J. K., J. Am. Chem. Soc 1965, 87, 2500-2502 doi:10.1021/ja01089a041
[2] Kochi, J. K. et al. J. Am. Chem. Soc. 1971, 93, 1487.
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  2. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  4. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  5. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  6. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  7. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  8. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  2. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  3. カテラニ反応 Catellani Reaction
  4. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥
  7. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  8. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  9. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  10. 黎书华 Shuhua Li

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP