[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

高知和夫 J. K. Kochi

 Jay Kazuo Kochi (日本名:高知和夫 1927年5月17日-2008年8月9日 米国カリフォルニア生まれ)は、アメリカの有機化学者である。インディアナ大学名誉教授、ヒューストン大学名誉教授(写真:Angew. Chem. Int. Ed.)。

略歴

カリフォルニア生まれのアメリカ国籍であるが、15歳の時に真珠湾攻撃が起こり、日本人であるためアリゾナキャンプに拘留された。キャンプ内の高校を卒業した後、解放され、カリフォルニア州立大学カリフォルニア校を卒業しました。その後、アイオワ州立大学で博士課程を修了した後、ハーバード大、ケンブリッジ大での研究員を経て、一度Shell Development Coに就職した。1962年にアカデミックに戻り、1969年にインディアナ大学へ映った後、5年後教授となり、その後再び1984年にヒューストン大学へ移動した。

1949 カリフォルニア州立大学カリフォルニア校(UCLA)卒業
1952 アイオワ州立大学博士課程修了 (G. S. Hammond教授)
1952 ハーバード大学インストラクター
1955 ケンブリッジ大学NIH博士研究員
1956 Shell Development Co.研究員
1962 ケース工業大学: Case Institute of Technology 助教授
  (現 ケース・ウェスタン・リザーブ大学:Case Western Reserve University)
1969 インディアナ大学准教授
1974 インディアナ大学教授(Earl Blough Professor)
1984 ヒューストン大学教授 (Robert A. Welch professor)

受賞歴

1981 James Flack Norris Award
1982 U.S. National Academy of Sciences
1983 Professeur Associe, University of Rennes, France
1984 Faulk-Plaut Lecturer, Columbia University, New York
1985 Merck-Frosst Lecturer, University of British Columbia
1984 Victor J. Chambers Lecturer, University of Rochester, New York
1986 Alexander Von Humboldt U.S. Senior Scientist Award
1986 Karl Folkers Lecturer, University of Wisconsin, Madison
1986 Sunner Memorial Lecturer, University of Lund, Lund, Sweden
1988 American Chemical Society Arthur C. Cope Scholar Award,
1989 Arthur D. Little Lecturer, Masachusettes Institute of Technology,
1997 R.A. Welch Lecturer,
2000 Cristol Lecturer, University of Colorado, Boulder

研究

 物理有機化学者であり、有機金属反応の反応機構の解明を中心に研究を行った、その過程で以下の有用な反応を発見した。
Hunsdiecker反応の改良
 カルボン酸の銀塩に対して臭素を作用させると、ラジカル機構を経て、臭化アルキルが得られる反応はHunsdiecker反応として知られていた。

hunsdiecker_1.gif

Hunsdiecker反応

 Kochiらはカルボン酸に対して、塩化リチウム存在下、四酢酸鉛を作用させる事で同様にラジカル機構を経て、塩化アルキルが得られる事を見いだした[1]。現在これはKochi反応と呼ばれている。
Kochi-Furstnerクロスカップリングの開発
kochi_furstner_1.gif
Kochi-Furstnerクロスカップリング
 
塩化アリール・アリールトリフラート・アリールトシラートとGrignard試薬を用いる、鉄触媒によるクロスカップリング反応。アリールクロライドが最もよい基質となる。臭化アリールおよびヨウ化アリールでは脱ハロゲン化が優先する。
 Kochiらは1971年にアルケニルハライドとを基質とした例を報告した[2]。これは熊田ー玉尾カップリング反応と同じく、クロスカップリング反応の先駆的な研究である。
その後、近年FurstnerのグループによってNMP(N-methylpyrrolidone)の添加が基質一般性拡張に重要であることが見出され、より実用性の高い条件へと改善され、両者の名前をとってKochi-Furstnerクロスカップリングと呼ばれている。

コメント&その他

1.サレン錯体を用いたエポキシ化の研究も行っており、近年の不斉エポキシ化反応の元となっている。このように多くの遷移金属触媒反応の基礎を築いており先駆者の一人として知られている。

関連文献

[1] Kochi, J. K., J. Am. Chem. Soc 1965, 87, 2500-2502 doi:10.1021/ja01089a041
[2] Kochi, J. K. et al. J. Am. Chem. Soc. 1971, 93, 1487.
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  2. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  3. 森謙治 Kenji Mori
  4. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  5. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  6. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  7. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  8. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  3. 前田 浩 Hiro Maeda
  4. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  5. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  6. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  7. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  9. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  10. カテラニ反応 Catellani Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP