[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設

[スポンサーリンク]

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエナジーと三菱ケミカルホールディングスの完全子会社である三菱化学は、共同投資で石油化学製品の生産設備を新たに
建設すると発表した。設備投資額は700億円で、分担比率はジャパンエナジーが90%、三菱化学が10%。生産設備は、鹿島石油(東京都港区)の鹿島製油
所(茨城県神栖市)内に建設する。稼動開始は2008年1月の予定。(引用:
nikkei.jp)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  2. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  3. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  4. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  5. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は……
  6. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  8. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編
  2. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法
  3. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  4. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  5. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  6. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  7. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  8. リンダウ会議に行ってきた③
  9. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より
  10. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP