[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界的性能の質量分析器開発を開始

[スポンサーリンク]

FT-ICR韓国基礎科学支援研究院(院長 イ・ジョンスン)は世界的水準の15テスラ級「FT-ICR質量分析器」の共同開発のために2月28日に米国国立強磁場研究所(NHMFL. フロリダ州タラハシー所在)で「フロリダ共同研究センター」の開所式を行なうと発表した。

基礎研はこの共同研究センターを通じて2007年までに15テスラ級のFT-ICR質量分析器の開発を完了し韓国に移転、設置する予定。(引用:おはよう大徳

 

FT-ICR質量分析器(フーリエ変換型イオンサイクロトロン共鳴質量分析装置,Fourier Transform Ion Cyclotron Resonance Mass Spectrometer)は超伝導磁石による強磁場中でのイオンのサイクロトロン運動を用いる質量分析手法で、高分解能が期待できます。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  2. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  3. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  4. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  5. 170年前のワインの味を化学する
  6. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  7. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  8. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  2. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授
  3. 【書籍】理系のための口頭発表術
  4. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  5. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)
  6. 企業の研究を通して感じたこと
  7. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  8. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism
  9. Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!
  10. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

米センサー・システムのフリアーシステムズは、化学兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP