[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁

[スポンサーリンク]

三菱化学の子会社である日本ポリケム(東京都港区)は18日、グループで取り扱う石化製品を値上げすると発表した。原油高により基礎原料のナフサ価格が上昇しているため、製品価格に転嫁する。

 日本ポリケムのグループ会社(日本ポリエチレン・日本ポリプロ)が取り扱うポリエチレンとポリプロピレンの全製品について、5月21日納入分から、1キロあたり12―18円程度値上げする。ポリエチレンはレジ袋などに利用され、ポリプロピレンは食品容器などに加工される合成樹脂。(引用:ロイター)

 ナフサの高騰による価格転嫁です。すでに住友化学や三井化学も値上げを行っています。ポリエチレンやポリプロピレンは日常的な雑貨にも使われているため、今後、それらの商品に影響が出てくると予想されます。

 

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  2. 毒劇アップデート
  3. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判…
  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  5. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  6. 理研も一般公開するよ!!
  7. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  8. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 陶磁器釉の構造入門-ケイ酸、アルカリ金属に注目-
  2. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  3. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  4. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  5. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  6. 高分子界の準結晶
  7. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  8. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  9. エドマン分解 Edman Degradation
  10. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP