[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに

[スポンサーリンク]

?米製薬最大手のファイザーは30日、2006年度の業績見通しを上方修正し、1株利益が1.68ドルと前年比54%増えると発表した。従来予想は50%増の1.63ドル。主力製品の販売が好調なうえ、経費削減幅を拡大するため。07―08年度についても1ケタ台後半のピッチで1株利益を伸ばす計画。 

?成長の原動力となる新薬開発は現在242の案件があり、自社開発の新製品を11年をめどに発売する。世界で最も売れている高脂血症治療薬に、善玉コレステロールを増やす新薬を組み合わせて販売することなどにより、後発薬メーカーとの戦いを制する考え。同業他社の買収も計画中だ。(引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  2. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  3. 新薬と併用、高い効果
  4. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  5. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレ…
  6. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  7. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  8. 昭和電工、青色LEDに参入

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  2. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  3. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  4. SPring-8って何?(初級編)
  5. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis
  6. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  7. Letters to a Young Chemist
  8. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  9. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  10. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP