[スポンサーリンク]

ケムステニュース

甘草は虫歯を予防する?!

リコリス

甘草(リコリス、Glycyrrhiza uralensis)から単離された化合物Glycyrrhizol Aは虫歯を引き起こす、病原体に対して強力な抗菌作用を示すということが報告されました。(J. Nat. Prod. 2006, 69, 121) 単離したWenyuan Shi(カリフォルニア大学、ロサンゼルスリコ)らは「リスキャンディーを食べる事は空腹を減らすだけでなく、バクテリアと戦うことにもなっているかもしれません。」と述べています。(C&EN)

?

 リコリスはハーブの一種で、砂糖の50倍の甘さがあります。リコリスキャンディーっていったら、それかどうか知らないが、あのケミカルっぽい味のRed licorice vinesを思い出すのだが。アメリカ人はなぜアレをおいしそーに食べているのだろう。味覚が違いすぎる。ちなみに黒いほうはタイヤみたいな味がする。

関連書籍

あなたの遺伝子を守る健康薬―甘草の知られざる力

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  2. レッドブルから微量のコカインが検出される
  3. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  4. 2017年10大化学ニュース
  5. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  6. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  7. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  8. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞への道公開
  2. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  3. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  4. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  5. BO triple bond
  6. ウギ反応 Ugi Reaction
  7. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  8. π-アリルパラジウム錯体
  9. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  10. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP