[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

[スポンサーリンク]


 10日に出そろった総合化学大手5社の07年3月期連結決算は、自動車・家電向け樹脂やフィルムなどの需要の高まりを受けて、売上高は過去最高だった。原油など原料価格は高止まりしているが、製品への上乗せが進み、東ソーを除く4社は当期利益で最高益を更新した(引用:朝日新聞


 昨年度は化学系会社も非常に好調でしたね。今年度も中国を中心としたアジア市場が鍵となりそうです。ただし、アメリカの経済成長の鈍化やナフサの高騰などにより、今年のような最高益を更新できるような見込みは少なそうです。現に、三井化学は今年度は減益の見通しであると報道されていました。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  2. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  3. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  5. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  6. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  7. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  8. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. IBX酸化 IBX Oxidation
  2. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  3. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  4. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  5. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  6. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  7. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  8. 活性マグネシウム
  9. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  10. 元素の和名わかりますか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP