[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く


 10日に出そろった総合化学大手5社の07年3月期連結決算は、自動車・家電向け樹脂やフィルムなどの需要の高まりを受けて、売上高は過去最高だった。原油など原料価格は高止まりしているが、製品への上乗せが進み、東ソーを除く4社は当期利益で最高益を更新した(引用:朝日新聞


 昨年度は化学系会社も非常に好調でしたね。今年度も中国を中心としたアジア市場が鍵となりそうです。ただし、アメリカの経済成長の鈍化やナフサの高騰などにより、今年のような最高益を更新できるような見込みは少なそうです。現に、三井化学は今年度は減益の見通しであると報道されていました。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  2. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  3. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  6. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  7. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  8. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  2. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction
  3. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  4. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  5. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  6. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集
  7. 科学警察研究所
  8. ライセルト反応 Reissert Reaction
  9. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  10. セミナーチャンネルを開設

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP