[スポンサーリンク]

ケムステニュース

相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明

 国内最大の化学系学会の日本化学会は15日、本年度日本化学会賞に相原惇一静岡大理学部教授(65)ら6人を決定した。相原教授は亀の甲のような構造(六角形)のベンゼンに代表される「芳香族分子」という分子がなぜ安定なのか、化学界100年来の謎を解明した「芳香族性理論」が認められた。静岡大からの受賞は初。
正式な受賞研究テーマは「環状π共役系の芳香族性の理論的解明」。北海道大助手だった1975年に発表し、国際的にも高く評価されている。 芳香族分子の安定性の理由はドイツの化学者ケクレが1865年にベンゼンの六角形構造を提唱後、欧米の化学者を中心に議論されてきたが、相原教授の解明まで110年間、説明できなかった(引用:
静岡新聞)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  2. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  3. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  4. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  5. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  7. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  8. 富士写、化学材料を事業化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表
  2. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  3. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  4. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  5. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation
  6. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  7. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  8. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  9. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP