[スポンサーリンク]

ケムステニュース

相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明

[スポンサーリンク]

 国内最大の化学系学会の日本化学会は15日、本年度日本化学会賞に相原惇一静岡大理学部教授(65)ら6人を決定した。相原教授は亀の甲のような構造(六角形)のベンゼンに代表される「芳香族分子」という分子がなぜ安定なのか、化学界100年来の謎を解明した「芳香族性理論」が認められた。静岡大からの受賞は初。
正式な受賞研究テーマは「環状π共役系の芳香族性の理論的解明」。北海道大助手だった1975年に発表し、国際的にも高く評価されている。 芳香族分子の安定性の理由はドイツの化学者ケクレが1865年にベンゼンの六角形構造を提唱後、欧米の化学者を中心に議論されてきたが、相原教授の解明まで110年間、説明できなかった(引用:
静岡新聞)。

 

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  3. 2014年化学10大ニュース
  4. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  5. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  6. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  7. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  8. 超合金粉末の製造方法の改善に機械学習が試行される

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  2. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  3. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  4. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  5. 触媒的芳香族求核置換反応
  6. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  7. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  8. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  9. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  10. 学会風景2001

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP