[スポンサーリンク]

ケムステニュース

相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明

 国内最大の化学系学会の日本化学会は15日、本年度日本化学会賞に相原惇一静岡大理学部教授(65)ら6人を決定した。相原教授は亀の甲のような構造(六角形)のベンゼンに代表される「芳香族分子」という分子がなぜ安定なのか、化学界100年来の謎を解明した「芳香族性理論」が認められた。静岡大からの受賞は初。
正式な受賞研究テーマは「環状π共役系の芳香族性の理論的解明」。北海道大助手だった1975年に発表し、国際的にも高く評価されている。 芳香族分子の安定性の理由はドイツの化学者ケクレが1865年にベンゼンの六角形構造を提唱後、欧米の化学者を中心に議論されてきたが、相原教授の解明まで110年間、説明できなかった(引用:
静岡新聞)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  2. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  3. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  4. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  5. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  6. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  7. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  8. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  2. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる
  3. 近況報告PartII
  4. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  5. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  6. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  8. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  9. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発
  10. もっとも単純な触媒「プロリン」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP