[スポンサーリンク]

ケムステニュース

伊藤嘉彦京都大名誉教授死去

伊藤 嘉彦氏(いとう・よしひこ=京都大名誉教授、有機化学)23日未明、心不全のため自宅で死去、69歳。大阪府出身。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  2. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  3. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  4. 昭和電工、青色LEDに参入
  5. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  6. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  7. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  8. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  2. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。
  3. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  4. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  5. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  6. 液クロ虎の巻シリーズ
  7. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  8. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  9. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  10. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP