[スポンサーリンク]

ケムステニュース

伊藤嘉彦京都大名誉教授死去

伊藤 嘉彦氏(いとう・よしひこ=京都大名誉教授、有機化学)23日未明、心不全のため自宅で死去、69歳。大阪府出身。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  2. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  3. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  4. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  5. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  6. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  7. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  8. 春の褒章2011-化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  2. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  3. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  4. ボロールで水素を活性化
  5. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  6. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  7. 力を加えると変色するプラスチック
  8. 肩こりにはラベンダーを
  9. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  10. 生物学的等価体 Bioisostere

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP