[スポンサーリンク]

ケムステニュース

伊藤嘉彦京都大名誉教授死去

伊藤 嘉彦氏(いとう・よしひこ=京都大名誉教授、有機化学)23日未明、心不全のため自宅で死去、69歳。大阪府出身。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  2. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  3. 第38回有機金属若手の会
  4. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  5. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  6. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  7. 毒劇アップデート
  8. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  2. プラトー反応 Prato Reaction
  3. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  4. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  5. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  6. 有機反応機構の書き方
  7. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound
  8. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  9. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  10. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP