[スポンサーリンク]

ケムステニュース

合同資源産業:ヨウ素化合物を作る新工場完成--長生村の千葉事業所 /千葉

[スポンサーリンク]

ヨウ素 長生村七井土の合同資源産業(本社・東京都)千葉事業所で、ヨウ素化合物を作る新工場が完成した。天然ガスから抽出して作るヨウ素は、世界の総生産量(年約2万トン)の約3割が県内産。同社は「ヨウ素を核とした産業立地がさらに増え、千葉が、世界に類をみないヨウ素関連事業の一大拠点として活性化すれば」と期待している。 (引用:毎日新聞

 

 

 

ヨウ素(I2)は ヨウ化物イオンやヨウ素化合物などの状態で海水、海草、かん水、鉱物(硝石)などに含まれています。意外と知られていないのが世界のヨウ素生産量の40%が日本(50%がチリ)しかも日本の生産量の大半が千葉県であるということです。

私の後輩も、伊勢化学というヨウ素の生産を行っている企業に勤めています。

 

アカデミックでも千葉大の小倉教授を中心にしてヨウ素利用研究会という学会を発足して活発に活動しています。

 

関連書籍

 


Hypervalent Iodine Chemistry: Modern Developments in Organic Synthesis (Topics in Current Chemistry) 

 

超原子価ヨウ素を利用した有機合成反応に関する最新の研究結果をまとめた書籍です。

 

関連リンク

 

I ヨウ素

 

日宝化学>独自の技術>ヨウ素の製造

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  2. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  3. レッドブルから微量のコカインが検出される
  4. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  5. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  6. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  7. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベ…
  8. 日本触媒で爆発事故

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル
  2. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  3. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  4. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  5. UCLA研究員死亡事故・その後
  6. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  7. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  8. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~
  9. 中国へ講演旅行へいってきました①
  10. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP