[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く

三菱ケミカルホールディングス<4188.T>は11日、2007年3月期の連結業績について、経常利益が前年比1.8%減の1410億円になる見込みと発表した。石油化学部門では、ナフサ高騰による国内製品への価格転嫁を進めるものの、海外市況の悪化は続くとみている。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト16人による予測平均値1455億円を下回った。(引用:朝日新聞)

DVDや液晶ディスプレイフィルムは好調だそうです。石化製品の不調は問題ですねぇ。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富大工学部実験研究棟で火事
  2. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…
  3. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  4. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  5. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  6. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  7. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  8. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  2. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  3. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation
  4. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  5. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  7. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  8. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  9. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  10. 笑う化学には福来たる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP