[スポンサーリンク]

ケムステニュース

味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成

[スポンサーリンク]

味の素のブラジル子会社、味の素インテルアメリカーナ(サンパウロ)がサンパウロ州リメイラ市で建設していた医薬・食品用アミノ酸の新工場が3日、完成した。同分野のアミノ酸生産工場としては同社最大規模で、年間生産量は約4000トン。総投資額は約66億円にのぼる。

同工場は4月ごろから計四種類のアミノ酸を生産する計画で、グルタミンは今年後半から、BCAA(分岐鎖アミノ酸)は2006年から本格的な生産・販売を目指す。アミノ酸の発酵には、同国で調達が容易なサトウキビの粗糖を使用する。

味の素グループは世界の医薬・食品用アミノ酸市場の約6割のシェアを持つ。新工場で生産した製品はブラジル向けだけでなく、欧米・アジア地域へ輸出する予定だ(引用:日本経済新聞)

最近のアミノ酸ブームで増産でしょうか?味の素には知り合いが何人かいます。ブラジルに行く人もいるそうです。味の素はブラジルで独自商品を展開していますね。ブラジルの風味調味料「Sazón®」ブラジルの家庭料理に欠かせない基礎調味料となっているらしいです。

unknown

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  2. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  4. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  5. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  6. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するラ…
  7. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  8. アルツハイマー薬で副作用死

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  2. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  3. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  4. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形
  5. 天然物化学
  6. Heterocyclic Chemistry
  7. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule
  8. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  9. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  10. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP