[スポンサーリンク]

ケムステニュース

味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成

味の素のブラジル子会社、味の素インテルアメリカーナ(サンパウロ)がサンパウロ州リメイラ市で建設していた医薬・食品用アミノ酸の新工場が3日、完成した。同分野のアミノ酸生産工場としては同社最大規模で、年間生産量は約4000トン。総投資額は約66億円にのぼる。

同工場は4月ごろから計四種類のアミノ酸を生産する計画で、グルタミンは今年後半から、BCAA(分岐鎖アミノ酸)は2006年から本格的な生産・販売を目指す。アミノ酸の発酵には、同国で調達が容易なサトウキビの粗糖を使用する。

味の素グループは世界の医薬・食品用アミノ酸市場の約6割のシェアを持つ。新工場で生産した製品はブラジル向けだけでなく、欧米・アジア地域へ輸出する予定だ(引用:日本経済新聞)

最近のアミノ酸ブームで増産でしょうか?味の素には知り合いが何人かいます。ブラジルに行く人もいるそうです。味の素はブラジルで独自商品を展開していますね。ブラジルの風味調味料「Sazón®」ブラジルの家庭料理に欠かせない基礎調味料となっているらしいです。

unknown

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  2. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  3. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  4. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  5. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  6. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウ…
  7. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  8. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  2. ゲオスミン(geosmin)
  3. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  4. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  5. ヒノキチオール (hinokitiol)
  6. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  7. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  8. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  9. ゲラニオール
  10. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP