[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 画期的な糖尿病治療剤を開発

    FDA(米国食品医薬品局)に新薬として承認されたLG生命科学の抗生物質「Factive」につづき、糖尿病治療剤として第2の大韓民国ブランドの新薬が生まれる日も遠くない。韓国化学研究院(院長 キム・チュンソプ) チョン・ヘギョン博士チ…

  2. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身

    JST(理事長:沖村憲樹)は、有機電荷移動錯体((EDO-TTF)2PF6)結晶が、超高速、超高感度…

  3. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

    果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、…

  4. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道

    ◇ノーベル賞候補、ゆかりの3人--すぐれた研究生かし自立探る 北海道にも多くの、優れた発明や発見…

  5. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん

    理化学研究所(埼玉県和光市)の男性副主任研究員(54)が執筆した研究論文2本の実験データが改ざん…

  6. 分子標的薬、手探り続く

  7. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小

  8. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

  9. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ

  10. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始

  11. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者

  12. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待

  13. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

  14. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売

  15. 持田製薬、創薬研究所を新設

  16. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理系が文系よりおしゃれ?
  2. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  3. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  4. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  5. 光で形を変える結晶
  6. ライトケミカル工業2020年採用情報
  7. アゾ化合物シストランス光異性化

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP