[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表

サリドマイド 深刻な薬害を起こし、現在、国内で製造されていない催眠鎮静剤「サリドマイド」について、「藤本製薬」(大阪府松原市)は20日、多発性骨髄腫の治療薬として14都道府県の22の医療機関で治験を始めると発表した。35例を集める予定といい、今月中にも薬を各施設に納入する。 (引用:朝日新聞)


 


サリドマイドについては関連ニュースをご覧ください。有名な薬害問題がありながら復活しようとしているサリドマイド。血管申請阻害剤としてはよほど効果があるのでしょうか。


どうなっていくか興味深いですね。


関連ニュース


サリドマイド、がん治療薬に(2005.1.24)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  2. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  3. 分子素子の働き せっけんで確認
  4. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  5. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  6. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  7. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  8. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  3. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  4. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  5. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  6. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  7. シェールガスにかかわる化学物質について
  8. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  9. ゴム状硫黄は何色?
  10. 力を加えると変色するプラスチック

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP