[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃

 米第2位の化学メーカー、デュポンが26日に発表した第2・四半期決算は、純利益(資産売却や税関連の収入増加分を除く)が1株当たり0.90ドルで、ロイター・エスティメーツのアナリスト調査での平均予想0.96ドルを下回った。エネルギー費用が高かったことや、販売不調でトウモロコシ種子や塗料の部門が打撃を受けた。

 資産売却や税関連の収入を含む純利益は10億2000万ドル(1株当たり1.01ドル)で、前年同期の5億0300万ドル(同0.50ドル)の倍以上になった。(引用:ロイター)

 

 

 

関連書籍

 


デュポンの創造性開発

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  2. 2011年10大化学ニュース【後編】
  3. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小…
  4. 天然の日焼け止め?
  5. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  6. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  7. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  8. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  2. エド・ボイデン Edward Boyden
  3. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  4. Christoph A. Schalley
  5. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis
  6. Nazarov環化を利用した全合成研究
  7. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  8. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  9. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  10. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

PAGE TOP