[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

    カイコガの雄の性フェロモン受容体の遺伝子を、京都大大学院農学研究科の西岡孝明教授(応用生命科学)らのグループが世界で初めて発見した。成果は16日、「米国科学アカデミー紀要」オンライン版に掲載された。今年はフランスの昆虫学者ファーブル…

  2. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

    鉄のように磁石に引き寄せられる性質(磁性)を持つ新しい液体を見つけたと9日、東京大大学院理学系研究科…

  3. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研

    産業技術総合研究所(吉川弘之理事長)東北センターメンブレン科学研究ラボは、独自合成した層状のケイ酸塩…

  4. 風力で作る燃料電池

    CO2を発生しない自然エネルギー、燃料電池の研究が道内でも進んでいます。厚田村では、民間企業と北大が…

  5. イチゴ生育に燃料電池

    ビニールハウスでのイチゴ栽培に燃料電池を使うユニークな実証試験を、三重県などが始める。電池から発生す…

  6. 「マイクロリアクター」装置化に成功

  7. 昭和電工、青色LEDに参入

  8. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

  9. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道

  10. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

  11. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

  12. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

  13. ナノってなんて素敵ナノ

  14. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製

  15. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?

  16. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  2. 日本人化学者による卓越した化学研究
  3. すべてがFになる
  4. 有機スペクトル解析ワークブック
  5. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  6. 高分子界の準結晶
  7. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

PAGE TOP