[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始

[スポンサーリンク]

 エーザイ株式会社(TSE:4523、本社:東京都、社長:内藤晴夫)のドイツ医薬品販売子会社エーザイ・ゲーエムベーハー(本社:フランクフルト、社長:アンドレアス・ヴィーガント)はこのたび、抗てんかん剤「イノベロン」(一般名:ルフィナマイド)の販売をドイツで開始しました。本剤はすでにデンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでも販売を開始しており、今後、他の欧州諸国においても順次発売していきます。本剤は、幅広い抗けいれん作用を有する新規構造のトリアゾール誘導体で、小児の早期から発症する重篤なてんかんであるレノックス・ガストー症候群(LGS:Lennox-Gastaut Syndrome)の併用療法として2007年1月、欧州委員会(EC:European Commission)より承認を取得しています。なお、本剤は欧州においてLGSに特化して承認を取得した初の治療薬です(引用:JCN NETWORK)。

 

イノベロン(Inovelon; 一般名:ルフィナマイド, Rufinamide)はここに書いてありますとおり、抗てんかん剤で、トリアゾール構造(赤い部分)を有しています。

 

てんかんは、神経疾患の中で最も有病率の高い疾患で、国内の成人てんかん患者数は約60万人と推定されています。

 

抗てんかん剤にはこの他に、同じくエーザイのゾネグラン(一般名:ゾニサミド)、クロナゼパム、フェニトイン、エトスクシミドなど十数種類ありますが、今回のイノベロンはLGSに特化した製品です。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  2. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  3. サリドマイド、がん治療薬に
  4. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  5. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  6. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ20…
  7. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  8. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化
  2. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  3. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  4. 原子量に捧げる詩
  5. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  6. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  7. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  8. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  9. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  10. Whitesides’ Group: Writing a paper

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

三井化学はこのほど、岩国大竹工場(山口県和木町)にあるポリエチレン製造装置が、国立科学博物館により、…

【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

相対性理論は、光速近くで運動する物体で顕著になる現象を表した理論です。電子や原子などのミクロな物質を…

gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法

トリフロンにグリニャール試薬を作用させるだけで多置換gem-ジフルオロアルケンの合成に成功した。フッ…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP