[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始

[スポンサーリンク]

 エーザイ株式会社(TSE:4523、本社:東京都、社長:内藤晴夫)のドイツ医薬品販売子会社エーザイ・ゲーエムベーハー(本社:フランクフルト、社長:アンドレアス・ヴィーガント)はこのたび、抗てんかん剤「イノベロン」(一般名:ルフィナマイド)の販売をドイツで開始しました。本剤はすでにデンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでも販売を開始しており、今後、他の欧州諸国においても順次発売していきます。本剤は、幅広い抗けいれん作用を有する新規構造のトリアゾール誘導体で、小児の早期から発症する重篤なてんかんであるレノックス・ガストー症候群(LGS:Lennox-Gastaut Syndrome)の併用療法として2007年1月、欧州委員会(EC:European Commission)より承認を取得しています。なお、本剤は欧州においてLGSに特化して承認を取得した初の治療薬です(引用:JCN NETWORK)。

 

イノベロン(Inovelon; 一般名:ルフィナマイド, Rufinamide)はここに書いてありますとおり、抗てんかん剤で、トリアゾール構造(赤い部分)を有しています。

 

てんかんは、神経疾患の中で最も有病率の高い疾患で、国内の成人てんかん患者数は約60万人と推定されています。

 

抗てんかん剤にはこの他に、同じくエーザイのゾネグラン(一般名:ゾニサミド)、クロナゼパム、フェニトイン、エトスクシミドなど十数種類ありますが、今回のイノベロンはLGSに特化した製品です。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 金よりも価値のある化学者の貢献
  2. 育て!燃料電池を担う子供たち
  3. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  4. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  5. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  6. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  7. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発…
  8. 100円で買えるカーボンナノチューブ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  2. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  3. 化学と株価
  4. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  5. 巻いている触媒を用いて環を巻く
  6. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  7. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  8. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  9. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  10. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP