[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始

 エーザイ株式会社(TSE:4523、本社:東京都、社長:内藤晴夫)のドイツ医薬品販売子会社エーザイ・ゲーエムベーハー(本社:フランクフルト、社長:アンドレアス・ヴィーガント)はこのたび、抗てんかん剤「イノベロン」(一般名:ルフィナマイド)の販売をドイツで開始しました。本剤はすでにデンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでも販売を開始しており、今後、他の欧州諸国においても順次発売していきます。本剤は、幅広い抗けいれん作用を有する新規構造のトリアゾール誘導体で、小児の早期から発症する重篤なてんかんであるレノックス・ガストー症候群(LGS:Lennox-Gastaut Syndrome)の併用療法として2007年1月、欧州委員会(EC:European Commission)より承認を取得しています。なお、本剤は欧州においてLGSに特化して承認を取得した初の治療薬です(引用:JCN NETWORK)。

 

イノベロン(Inovelon; 一般名:ルフィナマイド, Rufinamide)はここに書いてありますとおり、抗てんかん剤で、トリアゾール構造(赤い部分)を有しています。

 

てんかんは、神経疾患の中で最も有病率の高い疾患で、国内の成人てんかん患者数は約60万人と推定されています。

 

抗てんかん剤にはこの他に、同じくエーザイのゾネグラン(一般名:ゾニサミド)、クロナゼパム、フェニトイン、エトスクシミドなど十数種類ありますが、今回のイノベロンはLGSに特化した製品です。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  2. 114番元素と116番元素が正式認可される
  3. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  4. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  5. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  6. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  7. 相次ぐ”業務用洗剤”による事故
  8. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネフ反応 Nef Reaction
  2. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  3. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  4. 塩化ラジウム223
  5. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  6. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  7. Pure science
  8. (-)-MTPA-Cl
  9. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  10. スピノシン spinosyn

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP