[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

マラカイトグリーン /Malachite Green

[スポンサーリンク]

Malachite_Green.jpg

 マラカイトグリーン(Malachite Green)は、有機色素の一種です。

  • 用途・歴史

鉱物マラカイト(孔雀石)に似た色調を有するため、この名前がついています。緑色合成色素として絹・羊毛・黄麻・革・綿・紙等の染色に使用されています。

生体内で酵素により還元され、ロイコマラカイトグリーンになります。還元作用に由来する抗菌活性を有し、観賞魚の白点病や尾腐れ病などの治療薬として用いられています。しかしながら国内では養殖魚への使用は認められていません。

ジメチルアミノフェニル基を2つ有した構造を持ち、シュウ酸塩として市販されています。有色化合物はこのように長めのπ結合共役系を持つものがほとんどです。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

マラカイトグリーン – Wikipedia

Malachite Green – Wikipedia

Malachite Green – Tidalswan

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シラフルオフェン (silafluofen)
  2. プロリン ぷろりん proline
  3. カンプトテシン /camptothecin
  4. ブレビコミン /Brevicomin
  5. スピノシン spinosyn
  6. ヨードホルム (iodoform)
  7. オリンピセン (olympicene)
  8. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 基礎有機化学討論会開催中
  2. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  3. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  4. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  5. シコニン
  6. アジサイから薬ができる
  7. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  8. 有機EL organic electroluminescence
  9. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  10. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP