[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

マラカイトグリーン /Malachite Green

[スポンサーリンク]

Malachite_Green.jpg

 マラカイトグリーン(Malachite Green)は、有機色素の一種です。

  • 用途・歴史

鉱物マラカイト(孔雀石)に似た色調を有するため、この名前がついています。緑色合成色素として絹・羊毛・黄麻・革・綿・紙等の染色に使用されています。

生体内で酵素により還元され、ロイコマラカイトグリーンになります。還元作用に由来する抗菌活性を有し、観賞魚の白点病や尾腐れ病などの治療薬として用いられています。しかしながら国内では養殖魚への使用は認められていません。

ジメチルアミノフェニル基を2つ有した構造を持ち、シュウ酸塩として市販されています。有色化合物はこのように長めのπ結合共役系を持つものがほとんどです。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

マラカイトグリーン – Wikipedia

Malachite Green – Wikipedia

Malachite Green – Tidalswan

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヘリウム (helium; He)
  2. シクロクラビン cycloclavine
  3. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  4. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  5. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  6. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~
  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  8. アルファリポ酸 /α-lipoic acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  2. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授
  3. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―
  4. マスクをいくつか試してみた
  5. 最期の病:悪液質
  6. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  7. BASFとはどんな会社?-1
  8. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  9. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  10. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP