[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Rice cooker

[スポンサーリンク]

どーでもよい話ですが、今日友人のアメリカ人からRice cookerをいただきました。つまり炊飯器です。

「おい、外人からもらうなよ!ほんとに日本人か!?」という声が若干聞こえなくもないですが、まあそこまで料理もしないし、サトウのごはん的なパック飯でよいと思っていたので・・・。

ただ最近(最近に限ったことではないですが・・・・)よく食べるのです。お昼に2食食べるなら、ご飯だけでも仕事場に持っていこうかなと。

こちら(カリフォルニア)のお米は日本よりも安く(もちろん怪しげな米ではなくちゃんとしたブランド米)、どーやら20ドル弱/10kgで買えるようなのです。サトウのごはん的なものは3パック4ドルほどで激高です。

かなり生活観のでた話題になってしまいましたが、有機合成化学者は合成実験を日ごろしているから飯を作るのが上手い!とよく聞きます。ホントなのでしょうか?実際に(少ないですが)サンプルをとった結果、料理ができるひとは要領よく実験をする傾向があるようです。料理をしたことがあるけど全くできない人は確かに雑、かつ実験が遅い、という結果がいまのところでています。

そのような話に関連して面白い本があるのでぜひ読んでください。料理上手な化学者は意外と多いものなんです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  2. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  3. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への…
  4. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  5. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた
  6. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  7. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  8. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学でもフェルミ推定
  2. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  3. 化学と株価
  4. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  5. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  6. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発
  7. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!
  8. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  9. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  10. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP