[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

 

澤本光男(さわもと みつお、19xx年x月xx日-)は日本の高分子化学者である。京都大学工業化学科 教授 (画像:三井化学)。

 

経歴

1974     京都大学 工学部 高分子化学科 卒業
1979     京都大学大学院 博士後期課程 高分子化学専攻 修了
1980     米国 アクロン大学 高分子科学研究所 客員研究員
1981     京都大学 工学部 高分子化学科 助手
1991     京都大学 工学部 高分子化学科 講師
1993     京都大学 工学部 高分子化学科 助教授
1994     京都大学 工学部 高分子化学科 教授
1996    京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 教授 (改組)

兼務
2006     高分子学会 副会長
2008    高分子学会 会長

 

受賞歴

1990 高分子学会賞
1999 日本化学会学術賞
2002 The Arthur K. Doolittle賞

 

研究概要

原子移動ラジカル重合法(Atom Transfer Radical Polymerization;ATRP)の開発

カーネギーメロン大学のクリストフ・マテャシェフスキーと同時期に、ルテニウム錯体を用いるATRP法を開発[1]。

ATRPはリビング重合の一種であり、フリーラジカルを活性種とする反応形式。活性種濃度の低さゆえ副反応や終止反応が起こりにくく、かつ、ラジカル中間体の反応性の高さゆえ、高分子量・分子量分布の狭いポリマーが合成できるという特長がある。

ATRP_1.gif

コメント&その他

 

名言集

「奇跡的、独創的、創造的、それでいて嘘偽りのない、これが触媒科学研究である」

program_sawamotom_pict_002.jpg

(画像:三井化学)

関連動画

京都大学 工業化学科研究紹介 澤本光男教授

関連文献

[1] (a) Kato, M.; Kamigaito, M.; Sawamoto, M.; Higashimura, T. Macromolecules 1995, 28, 1721. doi:10.1021/ma00109a056 (b) Kamigaito, M.; Ando, T.; Sawamoto, M. Chem. Rev. 2001, 101, 3689. DOI: 10.1021/cr9901182

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マリウス・クロア G. Marius Clore
  2. 八島栄次 Eiji Yashima
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. マックス・プランク Max Planck
  5. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  6. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  7. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  8. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  2. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al
  3. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  4. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  5. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  6. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  7. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  8. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  9. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  10. 水素結合水H4O

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP