[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

サラ・オコナー Sarah E. O’Connor

 

サラ•オコナー(Sarah E. O’Connor、19xx年xx月xx日生-)は、アメリカ出身の天然物化学者である。ジョン•イネス•センター(John Innes Centre)プロジェクトリーダー。教授。

研究概要

主に植物や植物病原菌の生合成についての研究を行っている。生合成経路、生合成遺伝子、二次代謝酵素の研究を基に、合成生物学的手法により医薬品資源として有用な二次代謝産物を大量供給することを研究の目的としている。

また、植物病原菌である糸状菌の生合成について他グループと共同研究を行なっている。

Sara research.jpg

 

薬用植物への炭素ーハロゲン結合の導入

Runguphan, W.*, Xudong, Q.*, O’Connor, S. E. (2010) ”Integrating carbon-halogen bond formation into medicinal plant metabolism.” Nature. 468, 461–464. DOI:

10.1038/nature09524

 

現在、多くの天然物においてハロゲン化化合物が見つかっているが、陸上生物ではあまり見つかっていない。Sarah O’connorらは、ハロゲン化を薬用植物の代謝に導入することができれば、有用な新規天然物が得られるのではないかと考えた。

O’connorらは、monoterpene indole alkaloidを生産するニチニチソウ( Catharanthus roseus )に注目した。ニチニチソウは、下のschemeに示すようにtabersonineやajmalicineなどを生産する。

biosynthesis pathway.png

 

O’connorらは、root cultureを用いて生産系を構築し、ここにハロゲン化酵素であるRebH, PyrHとそれらとペアになる還元酵素を導入した。

hairy root culture.gif

 

その結果、下のschemeに示すようなハロゲン化アルカロイドを生産させることに成功した。

halogenated biosynthesis pathway.png

経歴

1995 BS chemistry, University of Chicago, Chicago, IL

2001 PhD, Organic chemistry, MIT

2000-2003 Post-doctoral Fellow in Biochemistry, Harvard Medical School, Boston, USA

2003-2007 Assistant Professor of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, USA

2007-2011 Associate Professor of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, USA

2011- Project Leader, The John Innes Centre and The University of East Anglia, Norwich, UK

 

受賞歴

1998 Distinguished Graduate Student Everhart Lecture Series, California Institute of Technology

1998-1999 American Chemical Society Organic Division Graduate Fellowship, California Institute of Technology

2000-2002 American Chemical Society Irving S. Sigal Postdoctoral Fellowship, Harvard Medical School

2003-2005 Smith Family Medical Foundation New Investigator

2004-2007 Latham Family Career Development Professor

2005-2008 Beckman Young Investigator

2007-2010 American Cancer Society Research Scholar

2007 Arthur Neisch Young Investigator Award of the North American Phytochemical Society

2007-2009 Sloan Research Fellowship

2011 ACS Pfizer Award in Enzyme Chemistry

2011 Royal Society Wolfson Research Merit Award

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  2. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  3. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  4. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  5. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  6. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  7. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  8. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  2. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  3. アジサイから薬ができる
  4. フタロシアニン phthalocyanine
  5. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  6. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  7. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  8. キース・ファニュー Keith Fagnou
  9. 分子素子の働き せっけんで確認
  10. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP