[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

サラ・オコナー Sarah E. O’Connor

 

サラ•オコナー(Sarah E. O’Connor、19xx年xx月xx日生-)は、アメリカ出身の天然物化学者である。ジョン•イネス•センター(John Innes Centre)プロジェクトリーダー。教授。

研究概要

主に植物や植物病原菌の生合成についての研究を行っている。生合成経路、生合成遺伝子、二次代謝酵素の研究を基に、合成生物学的手法により医薬品資源として有用な二次代謝産物を大量供給することを研究の目的としている。

また、植物病原菌である糸状菌の生合成について他グループと共同研究を行なっている。

Sara research.jpg

 

薬用植物への炭素ーハロゲン結合の導入

Runguphan, W.*, Xudong, Q.*, O’Connor, S. E. (2010) ”Integrating carbon-halogen bond formation into medicinal plant metabolism.” Nature. 468, 461–464. DOI:

10.1038/nature09524

 

現在、多くの天然物においてハロゲン化化合物が見つかっているが、陸上生物ではあまり見つかっていない。Sarah O’connorらは、ハロゲン化を薬用植物の代謝に導入することができれば、有用な新規天然物が得られるのではないかと考えた。

O’connorらは、monoterpene indole alkaloidを生産するニチニチソウ( Catharanthus roseus )に注目した。ニチニチソウは、下のschemeに示すようにtabersonineやajmalicineなどを生産する。

biosynthesis pathway.png

 

O’connorらは、root cultureを用いて生産系を構築し、ここにハロゲン化酵素であるRebH, PyrHとそれらとペアになる還元酵素を導入した。

hairy root culture.gif

 

その結果、下のschemeに示すようなハロゲン化アルカロイドを生産させることに成功した。

halogenated biosynthesis pathway.png

経歴

1995 BS chemistry, University of Chicago, Chicago, IL

2001 PhD, Organic chemistry, MIT

2000-2003 Post-doctoral Fellow in Biochemistry, Harvard Medical School, Boston, USA

2003-2007 Assistant Professor of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, USA

2007-2011 Associate Professor of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, USA

2011- Project Leader, The John Innes Centre and The University of East Anglia, Norwich, UK

 

受賞歴

1998 Distinguished Graduate Student Everhart Lecture Series, California Institute of Technology

1998-1999 American Chemical Society Organic Division Graduate Fellowship, California Institute of Technology

2000-2002 American Chemical Society Irving S. Sigal Postdoctoral Fellowship, Harvard Medical School

2003-2005 Smith Family Medical Foundation New Investigator

2004-2007 Latham Family Career Development Professor

2005-2008 Beckman Young Investigator

2007-2010 American Cancer Society Research Scholar

2007 Arthur Neisch Young Investigator Award of the North American Phytochemical Society

2007-2009 Sloan Research Fellowship

2011 ACS Pfizer Award in Enzyme Chemistry

2011 Royal Society Wolfson Research Merit Award

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  2. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  3. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  4. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  5. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  6. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  7. 飯島澄男 Sumio Iijima
  8. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子を”見る” その1
  2. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  3. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  4. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  5. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  7. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  8. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  9. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  10. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP