[スポンサーリンク]


2009年 7月

  1. リチャード・ヘック Richard F. Heck

    リチャード・F・ヘック (Richard F. Heck、1931年8月15日-2015年10月10日)は、アメリカの有機化学者である(写真:UD Messenger )。米デラウエア大学名誉教授。「有機合成におけるパラジウム触媒クロス…

  2. ジョン・スティル John K. Stille

    ジョン・ケネス・スティル(John Kenneth Stille、1930年5月8日-1989年…

  3. 熊田 誠 Makoto Kumada

    熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 - 2007年6月28日)は、日本の有機化学者…

  4. 根岸 英一 Eiichi Negishi

    根岸英一 (ねぎし えいいち、1935年7月14日-2021年6月6日)は、アメリカ在住の有機化学者…

  5. 細野 秀雄 Hideo Hosono

    細野 秀雄(ほその ひでお、1953年9月7日-)は、日本の無機化学者・電気化学…

  6. 辻 二郎 Jiro Tsuji

  7. 真島利行系譜

  8. 長井長義 Nagayoshi Nagai

  9. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement

  10. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

  11. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry

  12. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  13. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】

  14. ハプロフィチンの全合成

  15. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

  16. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  2. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  3. フラーレン:発見から30年
  4. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka
  5. DNAに人工塩基対を組み入れる
  6. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  7. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP