[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

長井長義 Nagayoshi Nagai

長井長義(ながい ながよし、1845年7月24日 – 1929年2月10日)は、日本の薬学者である。日本薬学会初代会頭。エフェドリンの発見者として歴史に名を残している。日本薬学の開祖(写真:iupac.org)。

経歴

徳島生まれ。

18xx 東京帝国大学で学ぶ
1871 ベルリン大学
1883 東京帝国大学に勤務
1893 東京帝国大学 教授

 

受賞歴

 

研究概要

エフェドリンの単離・合成・構造決定

1885年に、麻黄(マオウ)から気管支拡張作用をもたらすエフェドリンを単離。1929年には化学合成によって構造を決定する。

 

メタンフェタミンの合成

1893年に、エフェドリンを変換することで、覚醒剤メタンフェタミンの合成に成功。

ephedrine.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 東京・渋谷には、彼の名を冠する長井記念館が建設されている。薬学関連のシンポジウムなどに使われる。
  2. 徳島大学には彼の故郷であることを誇る長井記念ホールがあり、例年そこで、薬学系学者が集う長井長義記念シンポジウムが開催されている。

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・フランシス Matthew B. Francis
  2. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  3. イー・タン Yi Tang
  4. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  5. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  6. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  7. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  8. 春田 正毅 Masatake Haruta

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  2. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  3. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  4. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  5. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  6. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  7. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  8. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  9. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  10. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP