[スポンサーリンク]


2009年 7月

  1. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent

    概要市販のCp2ZrCl2に2当量のブチルリチウム、もしくはエチルGrignard試薬を加えることで、二価ジルコニウム錯体が調製される。これは、アルケン・アルキンに対し酸化的環化反応を起こし、ジルコナサイクル中間体を与え…

  2. ストーク エナミン Stork Enamine

    概要 アルデヒドもしくはケトンと第2級アミンを脱水縮合させるとエナミンが生成する。 …

  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis

    アルコール→アルケン概要グリコールをチオ炭酸エステル化した後、亜燐酸…

  4. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement

    → アルカン概要低級カルボカチオン中心に対して、隣接位の炭素から水素やアルキル基、アリー…

  5. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis

    概要Grignard試薬や有機リチウム化合物に、DMFやN-ホルミルピペリジンな…

  6. アセタール系保護基 Acetal Protective Group

  7. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation

  8. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis

  9. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ

  10. カーボンナノリング合成に成功!

  11. 100円で買えるカーボンナノチューブ

  12. ウォルター・コーン Walter Kohn

  13. サリンを検出可能な有機化合物

  14. 化学物質はなぜ嫌われるのか

  15. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)

  16. リンダウ会議に行ってきた④

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「Python in Excel」が機能リリースされたときのメリットを解説します
  2. マックス・プランク Max Planck
  3. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  4. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  5. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  6. 光電流の原子分解能計測に世界で初めて成功!
  7. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP