[スポンサーリンク]


2009年 7月

  1. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification

    概要カルボン酸とアルコールから、酸触媒存在下加熱条件にてエステルを合成する手法。平衡反応なので、収率良く進行させるには平衡を生成系に偏らせる必要がある。通常は一方の試薬を過剰に用いるか、Dean-Stark装置を…

  2. ステッター反応 Stetter reaction

    アルデヒド、アルケン→ケトン概要チアゾリウムカルベン触媒を用いて、電子不足オレフィンに求核的…

  3. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

    概要o-ヒドロキシアリールケトンおよび酸無水物からフラボン誘導体を得る手法。飽和…

  4. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation

    概要非プロトン溶媒中で、I2と安息香酸銀により環状オレフィンのヨードベンゾイルオ…

  5. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

    概要N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにH…

  6. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

  7. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation

  8. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis

  9. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal

  10. アシル系保護基 Acyl Protective Group

  11. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis

  12. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring

  13. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

  14. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

  15. コープ転位 Cope Rearrangement

  16. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  2. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis
  3. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  4. プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー
  5. 有機合成の落とし穴
  6. 海外で働いている僕の体験談
  7. 【25卒 化学業界企業合同説明会 8/29(火)・30(水)・9/5(火)・6(水) Zoomウェビナー開催!】化学系学生のための就活

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP