[スポンサーリンク]

archives

製造業の研究開発、生産現場におけるDX×ノーコード

[スポンサーリンク]

開催日:2022/01/19 申込みはこちら

■開催概要

本セミナーでは、製造業の研究開発部門および生産現場でのDX推進について、MI-6株式会社と株式会社MENOUがそれぞれのフィールドから「どのような課題があり、どう進めればよいのか」「具体的にそれぞれの部門で何から始めればよいのか」についてお話させていただきます。

アーリーステージのAIスタートアップを集めたピッチコンテスト「HONGO AI」で最優秀賞を獲得した2社による共同開催となります。

■参加費用

無料

■コンテンツ

はじめに 10分
登壇者より講演 20分×2 (MI-6、MENOU)
質疑応答:10分(残りの時間)

■講演内容

第一章:製造業全体のDX×ノーコード
第二章:研究開発×DX×ノーコード (MI-6株式会社)
第三章:生産現場×DX×ノーコード (株式会社MENOU)

※内容は変更となる場合が御座います。予めご了承願います。

■登壇者

MI-6株式会社/事業開発部
小島秀平(こじましゅうへい)

東京工業大学大学院理工学研究科応用化学専攻修了。株式会社クラレにて、光学用フィルムの工程管理、生産管理、および生産効率化、新工場の立ち上げ、新商品開発に従事。その後、日系大手コンサルティングファームにて、製造業向けのIoT、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連のコンサルティングに従事し、物質・材料研究機構主幹のMI2Iコンソーシアムに参画。現在は、MI-6にて事業開発部にて、多くの企業の方々のMI活用をサポートしている。

株式会社MENOU/事業開発 
星千桂子(ほしちかこ)

2021年1月にMENOUに参画。それまではIT企業でマーケティングやエンジニアを経験。新卒でアイリスオーヤマの関連会社にて生産管理に関わった経験から、製造現場の課題を解決すべく入社。現在は、営業〜カスタマーサクセスまで幅広く事業に携わる。

■HONGO AI で最優秀賞を取得した2社が開催

本セミナーはMI-6株式会社と株式会社MENOUの共同開催となります。アーリーステージのAIスタートアップを集めたピッチコンテスト「HONGO AI」でMI-6株式会社は2019年、株式会社MENOUは2021年に最優秀賞を獲得しております。市場の成長性や技術の模倣困難性、チームの質などの観点から産官学の有識者によって行われた審査で認められた企業が受賞できるものとなります。

■対象者

  • DX化を推進したいと考えている研究開発部門・生産技術部門の方
  • DX化に興味があるが、なにから取り組んでよいかわからない方
  • マテリアルズ・インフォマティクスに興味がある方
  • 外観検査のAI化に興味がある方

■申込締め切り

2022年1月19日(水)14:00
※申込が多数あった場合は事前に締め切らせていただく可能性がございます

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※ご登録いただくメールアドレスに、開催前日の参加者の確定を目処に事前案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。
※同業他社企業のお申し込みはお断りしております。

開催日:2022/01/19 申込みはこちら

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  2. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  3. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編
  4. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  5. タンパクの「進化分子工学」とは
  6. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ba…
  7. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知ってい…
  8. 近況報告PartI

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  2. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  3. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチル-2-プロペニリデン]マロノニトリル : trans-2-[3-(4-tert-Butylphenyl)-2-methyl-2-propenylidene]malononitrile
  4. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  5. これで日本も産油国!?
  6. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  7. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  8. 【書籍】文系でも3時間でわかる 超有機化学入門: 研究者120年の熱狂
  9. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  10. ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP