[スポンサーリンク]

N

根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation

 

概要

アルキルアルミニウム試薬およびジルコニウム触媒存在下に末端アルキンにカルボメタル化を行う反応。Cp2ZrCl2を用いることで、高い位置選択性でアルミニウムを末端に導入することができる。通常cis付加にて進行する。中間体のアルケニルアルミニウムは、根岸クロスカップリングなどに伏すことでさらなる炭素伸長に用いることができる。

アルケンに対しても同様の反応は進行する。こちらはキラルジルコニウム触媒を用いることで不斉化が可能(ZACA反応)。

基本文献

<review>

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  2. 鋳型合成 Templated Synthesis
  3. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  4. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  5. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  6. プラトー反応 Prato Reaction
  7. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  8. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  2. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  3. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  4. 炭素をBNに置き換えると…
  5. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  6. イボレノリドAの単離から全合成まで
  7. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  8. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  9. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  10. Horner-Emmons 試薬

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

既にTwitter・Facebookでは速報させていただきましたたが、このたびケムステが文部科学大臣…

速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

Tshozoです。先日発表になりましたタイトルの件、今まで本ケムステで書かれてきた記事(こちら・こち…

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP