[スポンサーリンク]

N

根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation

[スポンサーリンク]

 

概要

アルキルアルミニウム試薬およびジルコニウム触媒存在下に末端アルキンにカルボメタル化を行う反応。Cp2ZrCl2を用いることで、高い位置選択性でアルミニウムを末端に導入することができる。通常cis付加にて進行する。中間体のアルケニルアルミニウムは、根岸クロスカップリングなどに伏すことでさらなる炭素伸長に用いることができる。

アルケンに対しても同様の反応は進行する。こちらはキラルジルコニウム触媒を用いることで不斉化が可能(ZACA反応)。

基本文献

<review>

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduc…
  2. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  3. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  4. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  5. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  6. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  7. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  8. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する
  2. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士
  3. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. 燃える化学の動画を集めてみました
  5. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  7. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  8. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  9. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  10. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに&hellip;)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP