[スポンサーリンク]

archives

trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチル-2-プロペニリデン]マロノニトリル : trans-2-[3-(4-tert-Butylphenyl)-2-methyl-2-propenylidene]malononitrile

B3635.gif

MALDI-TOF-MSを用いた合成ポリマー分析

trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチル-2-プロペニリデン]マロノニトリル(DCTB)は,MALDI-TOF質量分析に用いられる非プロトン性マトリックスで,Luftmannらが初めてフラーレン誘導体の質量分析への利用を報告しています。その後、合成ポリマー質量分析においても有効なマトリックスであることが確認されています。例えば,GerbauxらはDCTBを用いることで,ポリチオフェンの平均分子量の測定において良好な結果を得ています。また,Brandtらはポリマー/マトリックス/カチオン化剤の調製混合比のモデル最適化を行っており,様々な合成ポリマーの分析への応用が期待されています。

L. Ulmer, J. Mattay, H. G. Torres-Garcia, H. Luftmann, Eur. J. Mass Spectrom. 2000, 6, 49; J. D. Winter, G. Deshayes, F. Boon, O. Coulembier, P. Dubois, P. Gerbaux, J. Mass Spectrom. 2011, 46, 237; H. Brandt, T. Ehmann, M. Otto, J. Am. Soc. Mass Spectrom. 2010, 21, 1870; H. Brandt, T. Ehmann, M. Otto, Anal. Chem. 2010, 82, 8169.

関連記事

  1. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  2. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  3. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  4. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  5. Nsアミン誘導体
  6. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  7. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  8. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  2. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  3. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  4. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  6. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  7. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  8. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化
  9. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  10. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP