[スポンサーリンク]

archives

はてブ週間ランキング第四位を獲得

この度、当サイトの人気コンテンツの1つである「化学者のつぶやき」において、「科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”」という記事が、はてなブックマーク 週間ランキング(2009/12/5-2009/12/11) で第四位となりました!
9月には同コンテンツの「日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫」が週間ランキング第一位を獲得しています。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【…
  2. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  3. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  4. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  5. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  6. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  7. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  8. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  4. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thiophene Synthesis
  5. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  6. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  7. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  8. リンダウ会議に行ってきた④
  9. インフルエンザ対策最前線
  10. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP