[スポンサーリンク]

archives

はてブ週間ランキング第四位を獲得

この度、当サイトの人気コンテンツの1つである「化学者のつぶやき」において、「科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”」という記事が、はてなブックマーク 週間ランキング(2009/12/5-2009/12/11) で第四位となりました!
9月には同コンテンツの「日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫」が週間ランキング第一位を獲得しています。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  2. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  6. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  7. ニュースタッフ
  8. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  2. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  3. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  4. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  5. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  6. 二光子吸収 two photon absorption
  7. ケムステ国際版・中国語版始動!
  8. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  9. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  10. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP