[スポンサーリンク]

archives

エクソソーム学術セミナー 主催:同仁化学研究所

[スポンサーリンク]

 

同仁化学研究所にてエクソソーム研究の学術セミナー(オンライン)を開催します。

本セミナーでは、エクソソーム研究の最前線でご活躍されている東京医科大学 吉岡祐亮先生を講師に迎えて、エクソソームを用いた研究の概要や、サンプル精製の意義などについてご講演頂きます。併せてエクソソーム研究分野でお役立ていただける弊社エクソソーム関連試薬やお得なキャンペーンのご案内も予定しています。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細・お申し込みはこちら

開催概要

開催日程

2022年3月24日(木)17:00-18:00

※質疑応答の内容によって終了時間前後いたします。

講師紹介

講師のご紹介

講師:吉岡祐亮 先生
東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門

ご略歴

現所属・職位
東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 講師
国立研究開発法人国立がん研究センター研究所 外来研究員

 

講演者からのコメント

現在、世界中でエクソソームを含む細胞外小胞を扱う研究が盛んに行われており、その盛り上がりはこの10年で勢いを増しています。飛躍的に進化した技術や実験方法が細胞外小胞研究の勢いを支えていることは明らかであり、これらの実験方法や技術を理解し、上手く研究に活かす必要があります。しかし、このような急速な拡大を見せる研究分野では、スタンダードな実験方法を定めることも難しく、関連する試薬や機器等も多く開発され、使用する側としては選択肢が豊富なことで困惑することが多いです。例えば、細胞外小胞を培養液から回収するという基本的な作業一つ取ってみても、超遠心法を行うのか、数ある市販キットの中からどのようなタイプのキットを用いるのか、などの多様な選択肢が存在しており、悩まれる方がいると思います。本セミナーでは、細胞外小胞研究を行う方に役立つ情報などを、自身の経験を交えて紹介し、今後の研究に少しでも役立てて頂ければと思っております。

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

ご視聴について

・セミナーは、既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)ならびにビデオ会議ツール「Zoom」を利用した配信です。パソコン、タブレット、スマートフォンでご視聴いただけます。

・開催日の前日までに、視聴するために必要なURLとパスワードをメールにてお送りいたします。

・本セミナーは、開催日のみご視聴いただけます。後日オンライン配信はございません。

 

禁止事項

・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。

・オンラインセミナーへの同時接続数に制限がございます。視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。

お申込みいただいた方のみご視聴ください。

・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。

同仁化学研究所エクソソーム関連キャンペーン

エクソソーム染色/細胞膜染色/リソソーム染色/エンドサイトーシス検出試薬(2022/3/31まで)
※新製品 エクソソーム精製キット(2022/6/30まで)

キャンペーン詳細へ

ケムステ関連記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  2. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業
  3. 人が集まるポスター発表を考える
  4. 超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたよう…
  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click…
  6. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します…
  7. キラル情報を保存したまま水に溶ける不斉結晶
  8. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 佐藤 一彦 Kazuhiko Sato
  2. (-)-ナカドマリンAの全合成
  3. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  4. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  5. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe
  6. 有機合成化学協会誌2022年10月号:トリフルオロメチル基・気体分子等価体・蛍光性天然物・n型有機材料・交互共重合法
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  8. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  9. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  10. 学術変革領域(B)「糖化学ノックイン」発足!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP