[スポンサーリンク]

archives

「高分子材料を進化させる表面・界面制御の基礎」

[スポンサーリンク]

1 開講期間 令和6年2月15日(木) 10:00~17:20

2 本講座のねらい:

 高機能化や複合材の開発、金属等との異種材料接合まで望まれている高分子材料は、その表面や界面で生じる現象を把握し、制御して分子設計に役立てようとすると、高分子それ自体の構造や物性の複雑さゆえ、想像以上の困難を伴います。従来の高分子科学とは異なる視点の導入、新たな理論の構築が必要になります。

 物性変化、反応促進、異種材料間の適合性・・・何かが始まるのは、いつも物質の表面、界面から。高分子の表面や界面では何が起きているのか? そもそも「表面」「界面」とはどのあたりのことと捉えればよいのか? 高分子の「機能発現」とは何を意味するのか? 最新の研究成果とともに、高機能の高分子材料開発に必要な基本概念から構造・物性把握のための分析・解析手法までを解説します。

3 主催

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

4 開催方法

  Zoomを使用したオンライン講座

 

5 募集人員

              15名(先着順にて承ります)

      ○主な対象者

      ・ 企業、研究機関にご所属で、新しい高分子材料の研究開発に携わる方。

      ・ 高分子材料を用いて高機能表面の創製を目指す方。

      ・ マイクロ・ナノスケールの計測デバイス等の開発・加工に携わる方。

      ・ 複合加工などにより、高分子材料の新しい産業領域への展開を目指す企業の方。

      ・ 新素材の開発、設計業務に携わる方。

                                                                        ・・・メーカー・ユーザーいずれの方も承ります。

 

6 受講料

      26,000円(消費税込み)

7カリキュラム内容及び日程表

講演時間 講演テーマ 講師
10:00~11:30 高分子とは 九州⼤学⼤学院 ⼯学研究院 応⽤化学部⾨

主幹教授 ⽥中 敬⼆ 氏

高分子は低分子が繋がってできた巨大な分子であり、一本の「鎖」とみなすことができます。この分子の鎖は、さまざまな空間スケールの構造を形成し、それにともなって多様な物性を発現します。また、分子の鎖が絡み合うことで、低分子では観測されない特徴的な運動性を示します。ここでは、高分子の定義から、一本の鎖の形態、集団としての構造・物性の考え方について概観し、身の回りの高分子材料について議論します。
12:30~14:00 高分子固体の表面物性の基礎 九州⼤学 ネガティブエミッションテクノロジー研究センター

特任教授 ⾼原 淳 ⽒

 表面・界面の特性は表面張力・界面張力などの物性値で議論されます。本講義では表面・界面張力の定義、表面・界面張力の測定法、高分子固体の表面自由エネルギー、静的濡れ性と動的濡れ性、高分子の固体表面の濡れ性の制御法などについて解説します。
14:10~15:40 表面・界面の実験解析 東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻

特任教授 川⼝ ⼤輔 ⽒

表面・界面における高分子鎖の凝集状態及びダイナミクスの解析には、優れた空間分解能を有する高感度な測定法が必要です。表面の解析には、走査プローブ顕微鏡、X 線光電子分光法および二次イオン質量分析法などが用いられます。また、埋もれた界面の解析には、中性子反射率法や、蛍光分光法および和周波発生分光法などの界面選択的分光法が有効です。本講義ではこれらの測定原理と解析例について紹介します。
15:50~17:20 表面・界面のシミュレーション 九州⼤学 次世代接着技術研究センター

教授 ⼭本 智 ⽒

 近年、実験手法の著しい進歩により表面・界面における分子描像が明らかになってきました。しかしながら、実験のみで特定の官能基の配向やその周囲の溶媒の状態などを一義的に理解することは容易ではありません。計算機シミュレーションは、一定の仮定の下、適切なモデルを設定できれば有用な知見を得ることが期待できます。ここでは、分子動力学法を取り上げ、基本原理と計算方法について解説した後、表面・界面の問題に適用した事例を紹介します。

8 詳細・お申し込み

https://www.kistec.jp/learn/koubunshi/

9 お問い合わせ

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

人材育成部 教育研修グループ

TEL : 044-819-2033

E-mail:manabi(☆)kistec.jp ※(☆)を@に書き換えてください。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  2. ペプチド修飾グラフェン電界効果トランジスタを用いた匂い分子の高感…
  3. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  4. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  5. 自分の強みを活かして化学的に新しいことの実現を!【ケムステ×He…
  6. 光触媒水分解材料の水分解反応の活性・不活性点を可視化する新たな分…
  7. 金属容器いろいろ
  8. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘテロカンシラノール
  2. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  3. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正
  4. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  5. “CN7-“アニオン
  6. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  8. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授
  9. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  10. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP