[スポンサーリンク]

archives

セミナーチャンネルを開設

セミナーチャンネルを開設しました。

化学関連の講習会やセミナーを閲覧、申し込みをすることができます。サイエンス&テクノロジー社提供コンテンツです。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  3. モリブデン触媒
  4. A-Phosパラジウム錯体
  5. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  6. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  7. Grubbs第二世代触媒
  8. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration
  2. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  3. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  4. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  5. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  6. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  7. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  8. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  9. OMCOS19に参加しよう!
  10. 薬学部6年制の現状と未来

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP