[スポンサーリンク]

archives

セミナーチャンネルを開設

[スポンサーリンク]

セミナーチャンネルを開設しました。

化学関連の講習会やセミナーを閲覧、申し込みをすることができます。サイエンス&テクノロジー社提供コンテンツです。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. サーバーを移転しました
  2. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  3. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  4. PdCl2(dppf)
  5. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  6. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  7. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  8. C60MC12

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 恋する創薬研究室
  2. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  3. 島津製作所 創業記念資料館
  4. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  5. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  6. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成
  7. アルコール依存症患者の救世主現る?
  8. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  9. 第116回―「新たな分子磁性材料の研究」Eugenio Coronado教授
  10. サリドマイドを監視

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP