[スポンサーリンク]

archives

セミナーチャンネルを開設

セミナーチャンネルを開設しました。

化学関連の講習会やセミナーを閲覧、申し込みをすることができます。サイエンス&テクノロジー社提供コンテンツです。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  2. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  3. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  4. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  5. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  6. ニュースタッフ参加
  7. 向山酸化剤
  8. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  2. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  3. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  4. 魔法のカイロ アラジン
  5. アフリカの化学ってどうよ?
  6. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授
  7. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  8. ルィセンコ騒動のはなし(後編)
  9. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  10. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP