[スポンサーリンク]

archives

1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド : 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3-ethylcarbodiimide

[スポンサーリンク]

D4029.gif

水溶性の縮合剤

1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド (塩酸塩およびフリー体)は水溶性縮合剤として知られ,カルボン酸とアルコール類およびアミン類との縮合反応に幅広く用いられており,収率良く反応が進行します。他のカルボジイミド縮合剤では,副生するウレア誘導体の除去に困難を伴いますが,本縮合剤では水溶性ウレア誘導体であるため,分液操作で容易に除去することが可能です。

S. J. O’Malley, K. L. Tan, A. Watzke, R. G. Bergman, J. A. Ellman, J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 13496.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御
  2. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  3. 芳香環シラノール
  4. スーパーブレンステッド酸
  5. ウェブサイトのリニューアル
  6. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  7. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  8. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride
  2. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明
  3. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  4. 吉野 彰 Akira Yoshino
  5. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  6. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  7. 高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻き構造形成の仕組みを解明-
  8. 学生実験・いまむかし
  9. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  10. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP