[スポンサーリンク]

archives

1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド : 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3-ethylcarbodiimide

[スポンサーリンク]

D4029.gif

水溶性の縮合剤

1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド (塩酸塩およびフリー体)は水溶性縮合剤として知られ,カルボン酸とアルコール類およびアミン類との縮合反応に幅広く用いられており,収率良く反応が進行します。他のカルボジイミド縮合剤では,副生するウレア誘導体の除去に困難を伴いますが,本縮合剤では水溶性ウレア誘導体であるため,分液操作で容易に除去することが可能です。

S. J. O’Malley, K. L. Tan, A. Watzke, R. G. Bergman, J. A. Ellman, J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 13496.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  2. TFEDMA
  3. 【9月開催】マイクロ波化学のQ&A付きセミナー
  4. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  3. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  4. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授
  5. 科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?
  6. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  7. デカすぎる置換基が不安定なリンホウ素二重結合を優しく包み込む
  8. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで|第6回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  9. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?
  10. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP