[スポンサーリンク]

archives

ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)

[スポンサーリンク]

 

オキシインドール類の合成

永澤らは,パラジウム触媒を用いた分子内C-H結合官能基化反応によるオキシインドール類の合成を報告しています。それによれば,触媒量のビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリドとトリフルオロ酢酸銀の存在下,N-シンナモイルアニリン誘導体から種々の3-アルキリデンオキシインドール誘導体を高収率で得ることができます。天然物や医薬品合成への応用が期待されます。

“Oxindole synthesis by palladium-catalysed aromatic C–H alkenylation”

S. Ueda, T. Okada, H. Nagasawa, Chem. Commun. 2010, 46, 2462. DOI: 10.1039/B926560K

GA

A strategy involving palladium-catalysed aromatic C–H functionalisation/intramolecularalkenylation provides a convenient and direct synthesis of 3-alkylideneoxindoles. In the presence of 5 mol% of PdCl2MeCN2 and AgOCOCF3, a wide variety of N-cinnamoylanilines gave 3-alkylideneoxindoles in moderate to good yield.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  2. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  3. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  4. 不斉配位子
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  8. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラーク・スティル W. Clark Still
  2. もっとも単純な触媒「プロリン」
  3. 揮発した有機化合物はどこへ?
  4. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  5. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  6. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  7. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  8. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  9. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  10. 細野 秀雄 Hideo Hosono

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP