[スポンサーリンク]

archives

ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)

 

オキシインドール類の合成

永澤らは,パラジウム触媒を用いた分子内C-H結合官能基化反応によるオキシインドール類の合成を報告しています。それによれば,触媒量のビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリドとトリフルオロ酢酸銀の存在下,N-シンナモイルアニリン誘導体から種々の3-アルキリデンオキシインドール誘導体を高収率で得ることができます。天然物や医薬品合成への応用が期待されます。

“Oxindole synthesis by palladium-catalysed aromatic C–H alkenylation”

S. Ueda, T. Okada, H. Nagasawa, Chem. Commun. 2010, 46, 2462. DOI: 10.1039/B926560K

GA

A strategy involving palladium-catalysed aromatic C–H functionalisation/intramolecularalkenylation provides a convenient and direct synthesis of 3-alkylideneoxindoles. In the presence of 5 mol% of PdCl2MeCN2 and AgOCOCF3, a wide variety of N-cinnamoylanilines gave 3-alkylideneoxindoles in moderate to good yield.

関連記事

  1. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  2. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  3. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  4. Grubbs第二世代触媒
  5. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  6. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  7. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  8. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 置き去りのアルドール、launch!
  2. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  3. チン・リン Qing Lin
  4. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  5. その電子、私が引き受けよう
  6. bothの使い方
  7. 第54回天然有機化合物討論会
  8. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  9. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  10. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

3-ブロモピリジン類と1,3-ジエン類を用いたcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応が開発された。…

PAGE TOP