[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  2. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

    サイエンスアゴラ出展の魅力を、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)の工藤高裕先生にインタビューしました。

  3. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  4. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)

    ボツリリヌストキシンは、細菌のボツリヌス菌が産生する毒素。スネアタンパク質を分解して、小胞による細胞内物質輸送を妨げることで、神経細胞に機能不全を起こします。

  5. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生

    サイエンスアゴラ出展の魅力を、「生活環境化学の部屋」・「日本コンピュータ化学会」の本間善夫先生にインタビューしました。

  6. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!

  7. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  8. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

  9. ジェームズ・ロスマン James Rothman

  10. ランディ・シェックマン Randy Schekman

  11. グルコース (glucose)

  12. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり

  13. サリチル酸 (salicylic acid)

  14. アルゴン (argon; Ar)

  15. キセノン (xenon; Xe)

  16. ヘリウム (helium; He)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Happy Mole Day to You !!
  2. 研究者よ景色を描け!
  3. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  4. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  5. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  6. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  7. スポンジシリーズがアップデートされました。

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP