[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 銀を使ってリンをいれる

    銀触媒による1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合開裂を伴うC–P結合の形成が報告された。合成中間体や生物活性化合物として有用なβ-ケトホスホネートを合成する新手法である。1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合切断を伴うC–X結合形成反…

  2. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

    電気化学的アプローチからMn触媒を用いてアルケンをジアジド化する手法が開発された。本手法は、従来のビ…

  3. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化

    鉄触媒を用いたオレフィンのWacker型酸化反応が開発された。穏和な反応条件で進行し、様々な天然物や…

  4. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  6. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  7. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

  10. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成

  11. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  12. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  13. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  14. マダンガミンの網羅的全合成

  15. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン

  16. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アスタキサンチン (astaxanthin)
  2. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  3. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  4. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  5. 目指せ!! SciFinderマイスター
  6. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  7. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP