[スポンサーリンク]

archives

オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate

[スポンサーリンク]

還元的アミノ化反応

Ramachandranらは,オルトチタン酸テトライソプロピルの存在下,アンモニアボランを用いた還元的アミノ化反応を報告しています。この方法では,種々のアルデヒドやケトンを第1級または第2級アミンと反応させることにより,目的の第2級または第3級アミンが高収率で得られます。また,窒素源として塩化アンモニウムを用い,ケトンと反応させることにより,第1級アミンの合成も可能です。

“Reductive amination using ammonia borane”

P. V. Ramachandran, P. D. Gagare, K. Sakavuyi, P. Clark, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 3167. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.04.014

1-s2.0-S0040403910006118-fx1

関連記事

  1. チアゾリジンチオン
  2. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  3. 有用なりん化合物
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  6. 角田試薬
  7. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  8. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al
  2. ふるい”で気体分離…京大チーム
  3. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  4. リンダウ会議に行ってきた③
  5. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  6. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  7. ヘキサン (hexane)
  8. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  9. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  10. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP