[スポンサーリンク]

archives

オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate

[スポンサーリンク]

還元的アミノ化反応

Ramachandranらは,オルトチタン酸テトライソプロピルの存在下,アンモニアボランを用いた還元的アミノ化反応を報告しています。この方法では,種々のアルデヒドやケトンを第1級または第2級アミンと反応させることにより,目的の第2級または第3級アミンが高収率で得られます。また,窒素源として塩化アンモニウムを用い,ケトンと反応させることにより,第1級アミンの合成も可能です。

“Reductive amination using ammonia borane”

P. V. Ramachandran, P. D. Gagare, K. Sakavuyi, P. Clark, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 3167. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.04.014

1-s2.0-S0040403910006118-fx1

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  3. セレノフェン : Selenophene
  4. ニュースタッフ
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  6. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  7. 田辺シリル剤
  8. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する
  2. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  3. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  4. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る
  5. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  6. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  7. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  8. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  10. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP