[スポンサーリンク]

ケムステしごと

BASFとはどんな会社?-1

BASF_01.PNG

 今回は世界最大の化学企業、BASFをご紹介します。

Tshozoです。

今回は「どんな会社?」大企業バージョン、BASFを紹介致します。世界最大の化学企業のことをあまりご存知ない方が多いのではと思い、投下することにしました。どうかお付き合いください。

BASFとは「Badische Anilin und Soda Fabrik」、「バーデンアニリン炭酸化工」のドイツ表記の頭文字を取ったもので、正式には「ベーアーエスエフ」と読みます。2011年時点で名実ともに世界最大の化学会社で、これまで数々の金字塔を打ち立ててきました。そのBASFは一体どのようなコンセプトに基づき研究活動を進めているのでしょうか? その一端が少しでも伝わればうれしい限りです。有難いことに同社はシンポジウム等で研究姿勢を明示するプレゼンを多数実施しており、本内容もそれを参考にしております。最後にまとめて資料の出先を紹介しますので、興味のある方は是非ご覧ください。

まずは同社の紹介と沿革から始め、現在どのような仕組みで研究活動を続けているのかを1回目(今回)として紹介し、2回目(次回)で近々の研究成果を紹介していきます。

 

 1.BASFの粗い研究史

BASFの歴史はかなり長いので、創業期をやや詳しく、その後をサマリーとしてご紹介します。

『創業期』

BASFの創業者はFriedlich Engelheimという方です。イギリスのPerkinによりAniline染料が開発されたのを受け、ガス灯からのタール回収という小まい事業から染料事業へと大きく舵を切りました。具体的には1867年に「Fuchsine染料(紫)」の無ヒ素合成技術をフランス人化学者から買上げ、その技術を応用してAniline系染料、Induline系染料の合成に成功、さらに染料界に革命を起こした「Indigo(藍)」を合成、一大染料会社として事業を拡大していくことになります。なおこのころ、社名ともなるSoda(炭酸ナトリウム)の事業化にも乗り出しました。

BASF_02

 『その後』

その後をざっとまとめると(乱暴)下図のようになります。「社外有識者の発見・知見を有効に育てて事業を拡大する」というモデルが染料開発の頃から共通して存在することがわかります。実はIndigoもそうで、後にBoschを見出したBrunck社長が大枚をはたいて研究を行い上市に成功したのでした。

このモデルはBASFの企業文化ともなっていきます。大体30年ごとに極めてインパクトの高い成果を出している周期性も気になるところです(なお戦争犯罪に問われた化学トラスト「I.G.Farben」を主導する期間があります。この点は本件と趣旨が異なるため割愛しますが、以前紹介した「大気の錬金術」に詳しく記載されていますのでそちらをご覧ください)。

BASF_03.PNG

BASFの金字塔の数々・我々の生活にインパクトを与えるものばかり

HaberとBosch、高分子の開祖Staudinger、Wittigなど高名なメンバが勢ぞろい

 2.現在のBASFの研究体制

まず同社がどのくらい「将来のメシのタネ」に投資しているかを紹介しましょう。2011年に同社が投下した研究費は約15億ユーロ(約2000億円・研究人員は約1万人)です。もちろん十分多いのですが、2011年度売上げ8兆円に対し比率は約2.5%とやや少ない感は否めません(例:富士フィルムや住友化学で6%程度)。

BASF_05

2011年のBASF研究投資総額と投下割合・アグリ関係が多いのが特徴

“Corporate Research” とは分野を絞らず長期的に行う企業内研究のこと

 この資本不足を補っていると考えられるのは同社の文化とも言える「外部の活用」です。同社の資料内では「Open Innovation」と呼んでいますが、要は自前で全部やらず、外部(企業・研究機関)の知見をうまく活用しようという仕組みを作っているのです。

BASF_07

BASFの研究システム概念図

 1990年代は80%近くの研究開発活動を欧州圏内で行っていましたが、現在ではNAFTAやアジアへシフトが進んでいます。またその数もこの15年で6倍と巨大になっていることがわかります。

BASF_08

BASFの研究開発数と地域変遷

この数のうち5割が企業相手、残り5割が大学・研究機関相手

 ところが・・・こんなの一般の化学会社ならどこでもやってるはずだと考えた方。その通りです。以前紹介した3M然り、JSR然り、今後紹介しようと思っているDow、Dupontなど、日米欧限らず世界中の社外(大学・企業・研究機関)を活用しまくっており、BASF特有の特徴でも何でもないんじゃないかと。自分も最初そう思いました。

ですが、BASFが決定的に異なる点があります。それは同社の事業範囲です(下図は2006年時点の結果ですが、現在もほぼ同じです)。

BASF_06

1990年~2006年までの主要化学企業の事業範囲変遷

 つまりICIやHoechstなど、他の巨大化学会社が1社であることを『諦めた』現在、BASFは「川上から川下まで」のテクノロジーにアクセス出来る唯一の会社なのです。製薬もアボット・ラボラトリーズへ売却しましたが医薬品原料合成は継続していますので、一部継続しているようなものです。

【以降はかなり筆者の解釈が入りますのでご参考程度に・・・】この事業範囲の広さは他の会社に比し、研究開発の成功率という点で大きな差を生むと思います。3M社の哲学と共通するのですが、「広範囲のレベルの高いテクノロジーにすばやくアクセス出来る」ことで開発プロジェクト成否を早いタイミングで実証・判断出来ることにつながるからです。

もちろん、上記のテクノロジー保有のためには採算上の重荷が伴います。Dow Chemicalを除く多くの企業はこの採算上の都合から、分社化という道を選んでいます。ただこの分社化はInnovationに対し「組織の壁」という見えざる不利益をもたらします。

企業内に居るとわかるのですが、同じ系列・看板下の企業と言えど「別会社」という垣根は心理的・物理的に非常に大きく、ちょっとした相談でも具体的まで進められない場合が数多くあります。

BASFはおそらくこの組織の壁の発生によるコミュニケーションの阻害、それによるInnovationの阻害を危惧し、敢えて分社化を避け1企業として生きていく選択をしているのではないかと思います。ビジネスの場が世界中に広がり、各社が巨大戦艦(1社統合)から駆逐艦(分社化)へと戦略を進める中で戦艦であることを選択したBASF。この選択がどのような結果になるかは「神のみぞ知る」ですが、戦艦好きの筆者としては応援したいところであります。

では今回はここまで。次回は、このBASFの研究開発スタイルにより上市された近々の研究成果をご紹介しましょう。

【参考文献・下記のリンク先をご参照ください】

The following two tabs change content below.
Tshozo

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。54歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

関連記事

  1. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  2. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  3. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組…
  4. ニセ試薬のサプライチェーン
  5. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  6. 印象に残った天然物合成 2
  7. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  8. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  2. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  3. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  5. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  6. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  7. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  8. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  9. FAMSO
  10. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP