[スポンサーリンク]

ケムステニュース

仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収

 世界第3位の薬品会社、フランスのサノフィ・アベンティスの第2・四半期の売上高は、前年同期比6.5%増の66億8700万ユーロ(80億7000万ドル)となった。前年同期(プロフォーマベース)は、62億7700万ユーロだった。

 血栓症薬や抗がん剤など、主要医薬品の売り上げ好調が寄与した


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 地位確認求め労働審判
  2. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  3. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  4. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Orga…
  5. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  6. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  7. アラン・マクダイアミッド氏死去
  8. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  2. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  3. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  4. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  5. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  6. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語
  7. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  8. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  9. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  10. ミック因子 (Myc factor)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP