[スポンサーリンク]

一般的な話題

高校生・学部生必見?!大学学術ランキング!!

高校、大学、大学院と皆さん、多かれ少なかれ入試と呼ばれる試験を受けて来たかと思います。
その中で、学校の難易度や入学レベルを示す指標として、偏差値等で表される尺度(基準)がいつでもあったかと思います。どうやら、そういった尺度は特定の学術研究の世界にもあるようです。

 

 

 

 

 

今回、紹介するネタはARWUと呼ばれる世界大学学術ランキングのことで世界の大学レベルをランキング形式で表しています。総合ランキングの他に、数学、物理、化学などなど細かな分野のランキングまで出してくれております。

 

下に示したのは化学分野のランキングです。一位は堂々のハーバード大学!!さすが(?)と言ったところでしょうか?

2015-10-21_11-28-22

2015-10-21_11-28-58

 

日本勢だけを抜き出せば、1位. 京都大 2位. 東京大 3位. 東北大 4位. 名古屋大, 東工大………

実際、最前線の現場で働く研究者の中にはここまで見て、妥当だと思う人、色々物申したい人、それぞれ居ると思います。。。。。

分かります、その気持ち!!

 

いざ数値化されてランク付けされると、何となく違和感を感じてしまいますよね。

でも、論文のインパクトファクターなんかもそうですけど、何とかランキングなんて得てしてそんなもんですよね?

むしろ、自分の中で

 

「コノ大学ランキングは、イイネ!!」

        とか

「コノ大学ランキングは、おかしいyoh!」

なんて、物差しをもっている人の方が研究者として頼もしいです。

高校生、学部生諸君!!

研究という世界に一旦身を投じて、研究者として生きる限りはこの手のランキングの序列の優劣はあまり意味をなしません。自分が何処の誰であろうと目の前の現象と真摯に向き合って、一生懸命やるだけです。自然科学の前では、誰しも無知です。

どこそこ大学だから良い研究やってるなんて、肩書きだけで研究してる人なんて居ないはずです。

でも、こういった客観的なものも尺度としては面白いですよね!

外部評価は必要となる訳ですし。国によってはこういう尺度によって大学が裕福になったりジリ貧になることもあるのです。

 

しかし、このランキング、大学ごとの個別データまで見られて結構詳しい。。。。。

どんな物好きがこんなことをやっているんだと思ったら、上海交通大学が2003年から一年おきにアップデートして出版しているそうな。。。

その努力に頭が下がる思いです。

客観的な評価を見つめてみるのもありなのかなと思い、取り急ぎ紹介までに書かせて頂きました。

今回はさらっと紹介だけにとどめましたが実は細かい評価基準があるので、興味のある方はHPをチェックしてみてくださいね!

 

The following two tabs change content below.
carbene

carbene

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物…
  2. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  3. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  4. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  5. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる …
  6. 化学系ブログのインパクトファクター
  7. 2009年10大分子発表!
  8. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  2. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  3. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  4. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  5. ポリ塩化ビニルがセンター試験に出題されたので
  6. サイエンスアゴラ2014総括
  7. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  8. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  9. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  10. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP