[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジェームス・ツアー James M. Tour

[スポンサーリンク]

ジェームス・M・ツアー (James M. Tour、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である(写真:nano-dds.com)。米ライス大学教授。

経歴

1981 Syracuse大学 卒業
1986 パデュー大学 博士号取得
1986-87 ウィスコンシン・マディソン大学 博士研究員
1987-88 スタンフォード大学 博士研究員
1999 ライス大学

 

受賞歴

2008?Feynman Prize in Experimental Nanotechnology
2008?NASA Space Act Award
2007?Arthur C. Cope Scholar Award
2007?George R. Brown Award for Superior Teaching
2006 Small Times magazine’s Innovator of the Year Award
2006?Nanotech Briefs Nano 50 Innovator Award
2005?the Southern Chemist of the Year Award
2005?The Honda Innovation Award for Nanocars

 

研究

分子エレクトロニクス材料の開発

ナノカー・ナノプシャン[1]

nanoputian.gif芳香族化合物に側鎖を付け、人間の形に見えるような分子・ナノプシャンを合成して報告した。子供達にナノテクノロジーへと興味を持ってもらうための、教育プロジェクトの一環。

またカルボランを車輪としたナノカーも合成している。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Chanteau, S. H.; Tour, J. M. J. Org. Chem. 2003, 68, 8750. DOI: 10.1021/jo0349227?(b) Chanteau, S. H.; Ruths, T.; Tour, J. M. J. Chem. Educ. 2003, 80, 395.??

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  2. エドウィン・サザン Edwin M. Southern
  3. トビアス・リッター Tobias Ritter
  4. バリー・トロスト Barry M. Trost
  5. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  6. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  7. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  8. ウォルター・コーン Walter Kohn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  2. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  3. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  4. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  5. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  6. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction
  7. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  8. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan
  9. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  10. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP