[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジェームス・ツアー James M. Tour

[スポンサーリンク]

ジェームス・M・ツアー (James M. Tour、1959年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である(写真:nano-dds.com)。米ライス大学教授。

経歴

1981 Syracuse大学 卒業
1986 パデュー大学 博士号取得
1986-87 ウィスコンシン・マディソン大学 博士研究員
1987-88 スタンフォード大学 博士研究員
1999 ライス大学

 

受賞歴

2008?Feynman Prize in Experimental Nanotechnology
2008?NASA Space Act Award
2007?Arthur C. Cope Scholar Award
2007?George R. Brown Award for Superior Teaching
2006 Small Times magazine’s Innovator of the Year Award
2006?Nanotech Briefs Nano 50 Innovator Award
2005?the Southern Chemist of the Year Award
2005?The Honda Innovation Award for Nanocars

 

研究

分子エレクトロニクス材料の開発

ナノカー・ナノプシャン[1]

nanoputian.gif芳香族化合物に側鎖を付け、人間の形に見えるような分子・ナノプシャンを合成して報告した。子供達にナノテクノロジーへと興味を持ってもらうための、教育プロジェクトの一環。

またカルボランを車輪としたナノカーも合成している。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Chanteau, S. H.; Tour, J. M. J. Org. Chem. 2003, 68, 8750. DOI: 10.1021/jo0349227?(b) Chanteau, S. H.; Ruths, T.; Tour, J. M. J. Chem. Educ. 2003, 80, 395.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  2. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  3. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  4. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  5. 菅裕明 Hiroaki Suga
  6. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echav…
  7. 原田 明 Akira Harada
  8. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  2. チアゾリジンチオン
  3. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  4. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  5. 研究室での英語【Part 2】
  6. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  7. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  8. 医薬品のプロセス化学
  9. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  10. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP