[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジェームス・ツアー James M. Tour

[スポンサーリンク]

ジェームス・M・ツアー (James M. Tour、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である(写真:nano-dds.com)。米ライス大学教授。

経歴

1981 Syracuse大学 卒業
1986 パデュー大学 博士号取得
1986-87 ウィスコンシン・マディソン大学 博士研究員
1987-88 スタンフォード大学 博士研究員
1999 ライス大学

 

受賞歴

2008?Feynman Prize in Experimental Nanotechnology
2008?NASA Space Act Award
2007?Arthur C. Cope Scholar Award
2007?George R. Brown Award for Superior Teaching
2006 Small Times magazine’s Innovator of the Year Award
2006?Nanotech Briefs Nano 50 Innovator Award
2005?the Southern Chemist of the Year Award
2005?The Honda Innovation Award for Nanocars

 

研究

分子エレクトロニクス材料の開発

ナノカー・ナノプシャン[1]

nanoputian.gif芳香族化合物に側鎖を付け、人間の形に見えるような分子・ナノプシャンを合成して報告した。子供達にナノテクノロジーへと興味を持ってもらうための、教育プロジェクトの一環。

またカルボランを車輪としたナノカーも合成している。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Chanteau, S. H.; Tour, J. M. J. Org. Chem. 2003, 68, 8750. DOI: 10.1021/jo0349227?(b) Chanteau, S. H.; Ruths, T.; Tour, J. M. J. Chem. Educ. 2003, 80, 395.??

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsa…
  2. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  3. フェン・チャン Feng Zhang
  4. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  5. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  6. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  7. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  8. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  2. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  3. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  4. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  5. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  6. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  7. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  8. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  9. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  10. 論文執筆&出版を学ぶポータルサイト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP