[スポンサーリンク]

一般的な話題

ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー

[スポンサーリンク]

あなたがポスドクとして海外武者修行に出向いた時のことを考えてみて下さい。着任後、いくつかのテーマを提示され、その中から選ぶようにボスから言われることでしょう。全く新しいテーマもあれば、前任者からの引継ぎのようなテーマもあります。そこでふと前任者が残した資料に目を通すと、随分苦労している箇所が目にとまります。しかし、それはすでにあなたの経験でちょっとした実験方法の工夫によって容易に回避できることがわかってるとしたら・・・

数ヶ月後そのラボでは難関と目されていたテーマをあっさりと片付けて、ゴットハンドとして崇められるあなたの姿がそこにはあることでしょう。今後のキャリアも順風満帆です。

さて、ノーベル賞の発表が近づいて参りました。ノーベル賞を穫りに行くためにできることの第一歩として、Nature Chemistry誌に掲載されたTulane大学の Bruce C. Gibb教授によるthesisをご紹介しましょう。

Knowledge management in chemistry

Gibb, B. C. Nature Chem. 4, 769-770 (2012). Doi: 10.1038/nchem.1459

研究活動によって得られた様々な成果は論文、特許、学会発表、製品など形はどうあれ世の中の人々の目に触れるようになります。さもなくばそれは研究とはもはや言えず、個人の趣味となるでしょう。公衆の面前にさらされてこその科学であり、その成果は人類共通の叡智として受け継がれていきます。その成果は論文の実験項に明示される智(explicit knowledge)となります。

あなたが研究者ならば、自らの経験に裏打ちされた独自のテクニックを少なからず身につけていることでしょう。あなたが企業の研究者ならば、企業秘密とも言える門外不出のレシピを知っているかもしれません。これらの智は公にはなっていなかったり、形になっていなかったりする智(tacit knowledge)と言えます。

KM_1

図は文献より引用 JIGSAW ©ISTOCKPHOTO/THINKSTOCK

 

いずれにしても、知的探求活動に共通して言えることは、個人の、そして組織が生み出してきた智は膨大な量にのぼるということです。

しかし、冒頭の例のように知っている者にとってはなんでもないことでも、それが必ずしも共通の智となっていないことによって、人類全体として、科学の発展にとっては無駄になっていることが少なからず存在していると思われます。Gibb教授はその点を指摘しています。

果たしてどのようにすれば人類の叡智を効果的に集約することができるのでしょうか?その前に叡智の集約は本当に必要なことでしょうか?

コカコーラのレシピは門外不出で、社内でもごく限られた人間しか知らないというもっぱらの噂です。そのレシピを独占することによって、巨万の富を毎年もたらしています。コーラのレシピが人類の叡智かどうかは微妙なところですが、独占されることが一部の利益になることは確かです。冒頭の例でも、ライバル研究室が苦しんでいるところを横目に自らの研究室でライバルを出し抜くことができるかもしれません。

Knowledge management has much to offer organizations, from small research labs to large international corporations.

しかし、科学の発展のために、研究室の効率的な運営のため、そして現実的な問題としては限られた研究予算をどうしたら効果的に使っていけるのか、公金を使っている以上納税者への還元の義務がある事などを考えた時、智の集約とも言うべきナレッジマネジメント(knowledge management以下KM)1は必要不可欠であるとの主張です。KM_2

研究室レベルでは恐らく助教や准教授当たりが自然と担当してることと思いますが、研究室独自のノウハウを誰かの頭の中に詰め込んでおいて、学生が困ったらアドバイスを与えるというのはよくあるパターンですよね。でもそれじゃダメです。なぜならその人がどこかに異動になったらラボからtacit knowledgeが失われてしまいます。少なくとも紙なり電子ファイルなりに残して、explicit knowledgeにしていくべきです。そんな小さいことでもKMになっていくのです。

しかし、KMには多くの問題があります。まず誰がやるのかということです。恐らく論文の実験項に登場しないような細かい事項は溢れているものの、それを集約していくのは恐ろしく手間がかかります。ただでさえ忙しい研究者がそんな手間をかけてくれるとは思えません。しかし多くの機関がそうであるように公金を使って研究を行うならば、KMは半ば義務とも言えるでしょう。

Knowledge management aims to maximize efficiency, nurture creativity, and even enhance serendipity.

よって組織内に、可能ならば政府レベルでKMの専門職員Chief Knowledge Officer (CKO)を置くのも検討に値します。多少コストがかかったとしても、KMによるメリット、研究資金の効率的な配分、消化を考えれば十分にペイすると考えられます。副次的な効果として、ともすると実用的な応用研究に比べて資金調達が難しくなりがちな基礎研究も適正な評価を受けることができるようになるかもしれません。

 

今までなんでうちのラボではこの実験うまくいかないんだろう?あいつら捏造してるんじゃなかろうかと疑ったりしたことはありませんか?突き詰めてみたら、同じ物質なのにメーカーが違うと製造法が違って、含まれる不純物が微妙に異なるため、うまく行くラボとどうしてもできないラボがあったりした例(例えばこちら)を知っています。こんなくだらない事に使われた時間は本当に無駄で、もしかしたら誰かのその後の人生を狂わせたかもしれません。KMはそんな無駄を無くしていくのはもちろんのこと、今まで気付かなかった新たな発見‘accelerated serendipity‘の手助けにだってなれる可能性を十分に秘めています。

Chance favours the prepared organization!

さああなたのラボに眠るtacit knowledgeをexplicit knowledgeにする事から始めましょう!

 

参考文献

  1. Nonaka, I. Harv. Bus. Rev. 69, 96–104 (1991).

関連書籍

 

ペリプラノン

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  2. ついに成功した人工光合成
  3. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  4. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  5. 抗生物質の話
  6. 有機化学者の仕事:製薬会社
  7. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  8. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リンダウ島インセルホール
  2. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical Polymerization
  3. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  4. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素
  5. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  6. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  7. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  8. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  9. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  10. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP