[スポンサーリンク]

一般的な話題

論文の自己剽窃は推奨されるべき?

[スポンサーリンク]

もうコピペという言葉は広く使われるようになりましたね。STAP細胞問題で繰り返し使われ、一般にも浸透した感があります。PCの操作でコピー、ペーストするからコピペなわけですが、こういった行為はPCが普及する前からありました。

しかし、学術論文において他の論文の文章を拝借してくる剽窃は許されない行為の一つです。

STAP細胞問題ではずさんな論文の正体が次々に暴かれております。写真の使い回しや、でっち上げ、データの切りはりなどは科学の本質を裏切る恥ずべき行為です。一方で科学的に正当な論文を書く際にどこかから文章をコピペしてしまう行為はどうでしょうか?内容は全く問題なく、ノーベル賞級の発見であったとしても、文章の剽窃があった場合はやはり不正な論文ということになります。

ただし、自分の書いた論文の文章を次の論文に拝借する自己剽窃についてはどうでしょうか?そんなに大きな問題になるでしょうか?

今回のポストはSTAP細胞問題シリーズという訳ではないのですが、たまたまNature Chemistry誌のthesisがBryn Mawr CollegeMichelle Francl教授による、剽窃についてでしたので、それを基にして少し書きたいと思います。前回のはこちら

Attack of the clones

Francl, M. Nature Chem. 6, 267-268 (2014). doi: 10.1038/nchem.1906

科学的に正しいデータが得られ、新しい事実や理論を明らかにしたら論文として発表する必要が出てきます。通常研究グループはただ一つの事を研究しているのではなく、同時進行で似たような研究をしていることが普通です。同じような課題であれば書く論文の内容も似てきますよね。そうするとどうしても似たようなイントロを書く必要があります。実験操作もほぼ同じだったりしますよね。だったら過去の自分の論文から文章を拝借してくるのはどうでしょう?これは自己剽窃に当たります。

clone_1.jpgビールが進むとかそういう問題ではありません

当然一つ一つの論文にはなんらかのオリジナリティーが必要です。実際問題としては触媒の金属変えてみたとか、配位子の構造を変えてみたとかそういった研究がどうしても必要になります。そうすると金太郎飴のような論文が量産されることになってしまいます。英語ではsalami publicationと言うそうですが、サラミの方が切り口も切るところによって結構違うので金太郎飴よりはマシかもしれませんね。金太郎飴論文はあまり好意的に受け取られないことの方が多いですが、私個人的には金太郎飴論文だって科学の発展には必要だと考えています。みんなが全く新しいパラダイムばかりを目指していたら科学は成熟しないで薄っぺらいもので終わってしまうと思います。

さて、論文誌には同じ雑誌であっても短い速報(letter, communication)という形式と通常の論文(article)というのがあったりします(総説, reviewというのもありますが論文とは別の扱いです)。速報専門の雑誌もありますし、形態は様々です。Nature誌もLetter, Articleの両方の形式を受け付けています。しかし最近ではデジタル、オンラインで行われることから出版の速度は早いので速報という概念が薄くなり短報みたいな扱いになっています。一応単に論文の長さだけでなく速報性があるかどうかも採択の基準にうたわれていることが多いようです。

以前はまず研究で速報性がある成果が出たら、速報として早く報告して、その後じっくりと研究の詳細や具体的な実験方法をフルペーパーとして報告することが広く行われていました。例えば抗がん剤タキソールの全合成についてNicolaouらはNature誌に速報を出した後、研究の全貌J. Am. Chem. Soc.誌に4報連続のフルペーパーとして報告しています。

こういったやり方は印刷物しか無かった時代は出版までの時間を考えれば合理的でした。しかし現在ではオンライン出版が当たり前になりましたので、速報であっても実験の詳細や論文の本文では書ききれなかったデータなどをSupporting InformationまたはSupplementary Materialsという形で別途用意し、オンラインで提供する必要があります。論文によってはこのSIの方が長かったりします。そんな状況なので、速報(短報)を出してお終いというケースが圧倒的多数ですね。ただ研究の詳細が分からないので、失敗例とか、細かいノウハウとかを知る機会が減ったかもしれません(詳細キボンヌです)。詳細を解説するわけですから、このようなケースでは自己剽窃もあるでしょう。当然引用もしているはずですから倫理的にも問題ないと思います。

clone_2.jpg

図は文献より引用

論文だけではなく研究費の申請書をパクるという事件もその昔あったそうで、著名な有機化学者だったこともあり、当時はかなり大きく取り上げられたようです。これは申請書を審査する側だった研究者がその申請を却下し、数年後に別の機関への申請書にパクリの文章を使ったら、その審査員がたまたま当人だったことから発覚したものです。論文だろうが研究費の申請書だろうが、他人のパクリは知的な暴力(intellectual violence)ですので許されるものではありません。

特に学術論文を書く際にはどうしても似たような研究であれば同じような表現の文章を書くことになりますので、いいフレーズがあればコピペしたくなってしまいます。その際には明確に引用する必要があるのかなと思います。それさえ守れば科学的な主張を明確にして伝えるためには一定の文章を繰り返し使う自己剽窃はむしろ推奨していいのではないでしょうか。

  • 関連書籍

Tshozo

投稿者の記事一覧

メーカ開発経験者(電気)。56歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

関連記事

  1. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  2. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす
  3. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  4. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!
  5. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  6. 有機合成化学協会誌2023年7月号:ジボロン酸無水物触媒・E-E…
  7. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~
  8. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  2. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  3. コランニュレン corannulene
  4. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  5. なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis
  6. 春の褒章2011-化学
  7. 化学パズル・不斉窒素化合物
  8. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開
  9. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–
  10. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2014年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP