[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第四回ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」開催報告

[スポンサーリンク]

動画を編集し公開しました(6月15日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

2020年6月2日(木) 17時より #ケムステVシンポ 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」を開催しました。

ケムステユーザーの中心となる分野からは外れていたため、どれだけ集まるか心配でしたが、最終的に1511名の参加登録がありました。素晴らしい講師の先生方の講演を聴けて大満足しました。後ほど述べますが、これまでのVシンポを視聴していない方の登録が多かったようです。

それでは申し込みの際の事前アンケートの結果とともに開催報告をお届けします。

今回はCSJカレントレビューとのコラボ企画!

第四回はCSJカレントレビューとのコラボ企画でした。ケムステスタッフが企画しないことで、より多彩な講演者の分野設定が可能となることが利点です。さらに、参加登録者へのメリットとしてCSJカレントレビューの「ケムステVシンポ読者割引」をつけました。また、終了後のアンケートに少数ですが、書籍プレゼント企画もいれていただきました。ご協力いただいた化学同人様にこの場を借りて御礼申し上げます。

ところでコラボ企画がどこまで認知されていたのか?。気になるところですので聞いてみました。

Q.「本シンポジウムがCSJカレントレビューとのコラボ企画であることをご存知ですか?

結果はこちら。

6割以上のひとが知りませんでした。逆いいえば、コラボ通知と会告をみて4割のひとが認知していたということですね。想定どおりですが、重要なのでもう一度いいます。CSJカレントレビューとのコラボ企画です。次回はもう少し認知度が上がっていることを期待します。

狙い通りたくさんの初参加者が

Q.これまでケムステVシンポには参加されたことはありますか?

結果は以下の通り。

今回、初参加が全体の42%をしめる677人もいました。関連学会でも通知をしてくれたようで、新たな視聴者がこのシンポジウムをみるためにあつまったことは素晴らしいことです。

でも実はCSJカレントレビューを知らない?

実は、CSJカレントレビュー知らない人が多いのではないか?と思い、この質問を入れてみました。

Q.「そもそもCSJカレントレビューはご存知ですか?」

結果はこちら。

上とたまたま同じ結果ですが、約6割の人が、なにそれ美味しいの?状態でした。意外と知られておらず、今回知っていただいたということで、化学同人に大変よろこんでいただきました。

じゃあどうやって知って誰がきているのだろう?

最後に、今回の参加者がこのイベント情報の入手経路と、CSJカレントレビューの認知度の相関関係をみてみました。以下の表がその結果になります。

会告記事(一次情報)に直接アクセスせずに、友人知人やその他(どんな方法?)から情報を得ている人は、カレントレビューを知らないひとが多いという結果になりました。また、SNS を利用している人でも、CSJ を知らない人は一定数いるようです。つまり、今回は、口コミ中心で講師(テーマ)への興味で集まった人が多かったという結果になりました。

時間厳守を心がけた

「タイムテーブルを書いてあるのに、結構時間がずれている」「Vシンポならではなので問題はありませんが、時間がオーバーしていた」などの意見がちらほらあったので、今回は講演者と運営側にお願いして、時間厳守を心がけてもらいました。おかげさまで、ほぼ時間通りに進行することができ、事後アンケートではそのような意見は1つもありませんでした。さらに、これまでは後半になると2割程度聴講者が減少してしまっていたのですが、ライブ中聴講者がほとんど減らなかったのも、このことが1つの理由だと思っています。

運営が優秀だった

今回は、ファシリテーター・モデレーターがすべて外部で構成されていました。サポーターとして代表が裏に在留していたものの、完全に初めてのライブ中継でここまでうまくいくとは思わず、運営の優秀さが際立っていました。東工大柘植先生をはじめ、東大岩田研究室の大学院生の皆様ご協力ありがとうございました。

講演者と運営メンバー。沼田先生が書籍を宣伝してくれている。

講演者と運営メンバー。沼田先生が書籍を宣伝してくれている。

今後も続くCSJコラボ

とういわけで、初のコラボ企画でVシンポを行ってみました。ケムステ側にもよいことが多く、参加者にもメリットが高いので、本コラボ今後も続きます。今回視聴を逃してしまった方々には、現在動画を編集中ですので、近日中に一部Vシンポ動画を公開する予定です。

なお、ばらしてしまいますが、すでに開催告知を行っている第5回を含めて、コラボ企画ともうひとつで、7月は3回もVシンポ開催します。それではお楽しみに。

最後に、講演を引き受けていただいた講師の先生に熱く御礼申し上げます。また、このシンポジウムは協賛会社のご協力により成り立っています。第二回よりご協力頂いている東京化成工業株式会社、そして今回より協賛していただいた、メルク株式会社に心より御礼申し上げます。

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,天然高分子として主に多糖を取り扱っています。
    製品パンフレット「多糖類」 PDFのダウンロードはこちら https://bit.ly/2Xgbx1J
    その他の高分子化合物のこちら https://bit.ly/2WMGYBP

メルク

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

YouTubeチャンネルについて

ケムステーション YouTubeチャンネルでは、今後ともシンポジウム動画などを適宜公開していく予定です。チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

ケムステVシンポについて

まとめページをつくりました。以下のページを参照ください。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 中国へ講演旅行へいってきました①
  2. カーボンナノリング合成に成功!
  3. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  4. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  5. 「糖鎖レセプターに着目したインフルエンザウイルスの進化の解明」ー…
  6. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  7. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  2. NMRの基礎知識【原理編】
  3. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  4. 林松 Song Lin
  5. リニューアル?!
  6. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  7. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  8. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  9. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  10. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP