[スポンサーリンク]

ケムステニュース

資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤

アデノシン資生堂は、人体に含まれる「アデノシン」という育毛成分を配合した発毛促進剤「薬用アデノゲン」を、21日にドラッグストアなどで発売する。

 アデノシンは血行促進などの効果があるとされ、同社が有効性を検証したところ、「FGF-7」という発毛因子の産出量を高め、毛母細胞を増殖させ、発毛促進と太毛化に効果があることが分かった。(引用:毎日新聞)

 

 

アデノシン(adenosine)は核酸を構成する塩基です。アデノシンの三リン酸(ATP)は細胞のエネルギー源で分解して無水リン酸を放出する際に、筋肉等を動かします。本当にこのようなものに育毛作用があるのでしょうか?

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  2. 理研も一般公開するよ!!
  3. ナノチューブブラシ!?
  4. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  5. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  6. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  7. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  8. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  2. 安積徹 Tohru Azumi
  3. Nazarov環化を利用した全合成研究
  4. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  6. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  7. スワーン酸化 Swern Oxidation
  8. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  9. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加
  10. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP