[スポンサーリンク]

ケムステニュース

資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤

アデノシン資生堂は、人体に含まれる「アデノシン」という育毛成分を配合した発毛促進剤「薬用アデノゲン」を、21日にドラッグストアなどで発売する。

 アデノシンは血行促進などの効果があるとされ、同社が有効性を検証したところ、「FGF-7」という発毛因子の産出量を高め、毛母細胞を増殖させ、発毛促進と太毛化に効果があることが分かった。(引用:毎日新聞)

 

 

アデノシン(adenosine)は核酸を構成する塩基です。アデノシンの三リン酸(ATP)は細胞のエネルギー源で分解して無水リン酸を放出する際に、筋肉等を動かします。本当にこのようなものに育毛作用があるのでしょうか?

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  2. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  3. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  4. 光触媒による水素生成効率が3%に
  5. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  6. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  7. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  8. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  2. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵」でラクラク捺印の巻
  4. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  5. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  6. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  7. Nature Reviews Chemistry創刊!
  8. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  9. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  10. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP