[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

sinceの使い方

副詞「since」は、日本人に過度に使用される語です。特に、日本人の学術論文で「since」が使用される大半のケースは、用法が適切ではありません

「since」の誤用が最もよく見られるのは、「because」の類義語として用いられる場合です。「since」には「because」の類義語としての意味はありますが、両者の間には意味上の重要な違いがあります。その違いを以下に説明します。

一つ目に、「since」が「because」の類義語として用いられている場合でも、その第一義である時間的な要素はある程度残ります。そのため、「since」は「because」より「because, as you/we already know」の意味に近くなります。それゆえ、以下の用例が適切に使用されている場合は、若干意味が異なります。

  1. [正] Because I have already bought the tickets, we should go to the concert even if it rains.
  2. [正] Since I have already bought the tickets, we should go to the concert even if it rains.

1と2の違いを理解するために、聞き手がこの会話によって何の情報を得るのかについて、二つの可能性があることに注目します。

1と2の違いは、チケットを既に購入していることが、聞き手にとって新しい情報かどうかという点にあります。1と2におけるそれぞれの語法は、その情報を初めて聞く場合、そして既に聞いている場合に適切です。

1において話し手は、チケットを既に持っていること、そしてチケットを持っているからコンサートに行くべきだという意見を伝えています。一方、2では、チケットを持っているからコンサートに行くべきだという意見のみを伝えています。

二つ目に、「because」がより直接的、必然的なつながりを表すという違いもあります。そのため、以下に例示するような場合には「since」は使えません。

3 [正] The balloon popped because I poked it with a needle.
4 [正] Because he hadn’t eaten for several months, the bear was very hungry.
5 [正] The function f(x) is infinitely differentiable because it is analytic.

上記の用例では、結果・結論となっている事柄は、その原因・前提から直接的かつ必然的に引き起こされる帰結と考えられます。このような因果関係、あるいは論理的関係を示す場合に、「since」の用法は不適切です。ただし、

(4)の「the bear was very hungry」を「the bear decided to search for some juicy berries」に置き換えた場合、原文における直接的、必然的なつながりがなくなるので、「since」を用いた方が「because」より自然です。

詳しくはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第115章をご参照下さい。

出典元:エナゴ学術英語アカデミー

化学論文での「since」の利用例

Since the different substituents of 2a and 2f (the difference in the mass is 28 units) are located in a far para position, the same behavior is expected for both pseudo-enantiomers. DOI: 10.1021/ja410408c

In the following discussion on the design of photocontrolled drugs, the focus is primarily on azobenzenes, since they are the most widely applied photoresponsive elements in bioactive compounds. DOI:10.1021/ja413063e

Since the initial Chichibabin type sequence (step 1; Scheme 3) leading to 3-picoline is not an entirely selective process, alter- native strategies starting from other bulk materials have been devised. DOI: 10.3762/bjoc.9.265

 

%e8%8b%b1%e6%96%87%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%b4

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ちょっと変わったイオン液体
  2. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  3. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  4. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  5. 2009年人気記事ランキング
  6. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  7. 合成生物学を疾病治療に応用する
  8. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノッド因子 (Nod factor)
  2. 化学オリンピック完全ガイド
  3. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  4. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  5. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  6. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  7. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  8. アミンの新合成法2
  9. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  10. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP