[スポンサーリンク]

一般的な話題

学生はなんのために研究するのか? 研究でスキルアップもしませんか?

[スポンサーリンク]

化学が好きだからという学生さん、素晴らしいです。すぐ研究に戻りましょう!

卒業のため、就職のため、教授が怖いからなんとなく、、、色んな理由があると思います。

就職したら役にも立たない研究テーマなんて頑張ってやる必要あるの?卒業したら研究続けるつもりないよ?という方もいるかもしれないです。

でも本当に役に立たないでしょうか?もちろん研究そのものが役に立てば良いですが、研究の過程で得たものにはもっと普遍的な価値がある、言い換えればスキルアップにつながるというのが筆者の考えです。

 

はじめまして、KeNといいます。

大学教員をやっていましたが今は企業研究者として働いています。

筆者自身最初は「なんとなく」研究していました。ただ教員を経て、特に企業に移ってから、研究の過程で得た能力を意識する場面が増えました。そして研究による教育の価値が少しでも広まればなと思いこの場をお借りしました。

研究を通じて得られる能力は数多ありますが、ここでは3個に絞って筆者の考えを書きたいと思います。

注: 研究に身を捧げろ、というやりがい搾取の意図は全くありません。ただ学費や時間を費やすなら研究室や大学の資産も使い倒してスキルアップしたほうがええやん、というのが筆者のスタンスです。また筆者は大学院生にはもっと金銭的サポートがあるべきだと思いますが、それは別の機会にしたいと思います。

(大学院で身につけるべきスキルとして書かれた加納先生のこちらのnoteもとても参考になります )

仮説構築、検証の経験

課題を定め、仮説を立て、調査を行い、アウトプットにつなげる。研究者に限らずビジネスパーソンであれば誰でも欲しい能力でしょう。「仮説思考」と検索すれば書籍や多くのウェブサイトが見つかります。

研究はこのプロセスを体験し身につけられる活動ではないでしょうか?

例えば収率を上げるという課題に対して反応機構や副反応に関する仮説を立て、実験して検証し、最終的には研究室内や学会、論文で発表を行う、という具合です。

この過程には実はもう一つ良いことがあります。自分で考えた仮説・実験がうまくいくととても楽しいです。どうせやるなら楽しいほうが良いですよね。

表面的な知識・理解からの脱却

検索すれば膨大な情報が得られるため理解・経験した気になることは簡単です。ただ裏を返せば表面的な理解で思考が止まってしまう危険もあります。

書籍「イシューからはじめよ」でも表層的な理解からの脱却が論じられており、研究者だから深い理解が必要というわけではないようです。

研究を進めるということは、研究室の知見や関連文献の情報から必要な情報を自ら抽出し、自分の研究テーマという箱の中で混ぜ合わせ新たな発見を得るプロセスでもあります。この経験を繰り返すことでバラバラに見える情報からその関連性や軽重を推し量る素地が作られると思っています。氾濫する情報の奥に何があるか、何と関連しているのかを予測するためのトレーニングとも言えるでしょう。

幸いあなたの研究テーマはあなただけのもの、つまりそのテーマを通じて得られる経験はあなただけのものです。良い機会だと思いませんか?

理解される、興味をもたれるプレゼン

皆さんは学会発表と就活の面接で同じ発表をしますか?

Yesの方、聞き手の背景知識や発表に求めているものを考えてみてください。例えば面接官があなたの研究分野に明るくない場合、学会発表と同じでは面接官はイントロで脱落でしょう。興味が薄れ最終的には…という可能性もありますね。

もしあなたの努力を正当に評価してほしいと思うのであれば、相手の理解度や求める内容(化学的な議論がしたいのか、あなた自身の能力を見たいのか)に応じてプレゼンの中身を変える必要があります。研究の場を離れ、評価してほしいものが「自社製品」や「新規事業案」にかわった場合も同じです。相手に興味をもってもらえなければ始まりません。

研究室内での議論は頻度も高くその練習に最適です。単に結果や関連研究を並べるのでなく、そこから何が言えるのか、何が面白いのか、相手に理解され興味をもたれるプレゼンを目指しても良いのではないでしょうか?

おわりに

上記はとても教員的かつ主観たっぷりの意見です。また先述のように学生の方に押し付ける意図は全くありません。

ただ研究やる意味なんてないやんというのは少し違って、座学では得難い、かつ汎用性の高い能力を得る良い機会なのではと思います。少なからず就活には役にたつはずですし、転職や転職先で役に立つことは実証済みです笑

 

関連書籍

KeN

投稿者の記事一覧

大学教員→企業研究者。自分の知らない化学に触れ、学び、楽しみ続けたいです。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピ…
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵…
  3. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  4. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  5. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  6. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  7. 液晶の薬物キャリアとしての応用~体温付近で相転移する液晶高分子ミ…
  8. マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  3. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師
  4. リコペン / Lycopene
  5. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する
  6. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi
  7. SNS予想で盛り上がれ!2023年ノーベル化学賞は誰の手に?
  8. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  9. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  10. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP