[スポンサーリンク]

一般的な話題

アノマー効果を説明できますか?

 

大学の授業で習う有機化学のあんなことやこんなこと。

分子軌道やDiels-Alder反応生成物の立体化学、アキシャルアタック。今でも説明できますか?

 

研究が専門的になるにつれて、徐々に専門外の分野の知識は忘れていってしまうもの。また、専門分野であってもあまり使わない知識は曖昧になっているかもしれません。

 

今回は大学院の有機化学の授業でおそらく習うであろう「アノマー効果」について取り上げてみたいと思います。

2位に電気陰性置換基Xを有するテトラヒドロピラン化合物は、その2位の置換基Xがアキシャル型となる立体配座が熱化学的に安定となります。この効果はアノマー効果と呼ばれています。

anomeric effect1.gif

 

この効果は以下の2通りの説明がなされます。

A 酸素原子上の孤立電子対が、C-X結合の反結合性軌道に超共役して非局在化され安定化されるという説明。

B 双極子反発が小さくなるために安定化されるという説明。

anomeric effect2.gif

 Aの説明の方がよく使われているでしょうか。少なくとも私はAの説明で習った気がします。しかしながら最近では、計算化学によりBの説明の方が適切なのではないかという報告もなされております。

 一つ一つの現象を解明するのも化学の面白さの一つ。大学の授業のノートをもう一度引っ張り出してみると、新しいアイディアが湧いてくるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. アルカリ土類金属触媒の最前線
  2. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  3. 書物から学ぶ有機化学 3
  4. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  5. DOIって何?
  6. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  7. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  8. 海外留学ってどうなんだろう? ~きっかけ編~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. “研究者”人生ゲーム
  2. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  3. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  4. 秋の褒章2013-化学
  5. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  6. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  7. 有機合成のナビゲーター
  8. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  9. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  10. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP