[スポンサーリンク]

一般的な話題

アノマー効果を説明できますか?

 

大学の授業で習う有機化学のあんなことやこんなこと。

分子軌道やDiels-Alder反応生成物の立体化学、アキシャルアタック。今でも説明できますか?

 

研究が専門的になるにつれて、徐々に専門外の分野の知識は忘れていってしまうもの。また、専門分野であってもあまり使わない知識は曖昧になっているかもしれません。

 

今回は大学院の有機化学の授業でおそらく習うであろう「アノマー効果」について取り上げてみたいと思います。

2位に電気陰性置換基Xを有するテトラヒドロピラン化合物は、その2位の置換基Xがアキシャル型となる立体配座が熱化学的に安定となります。この効果はアノマー効果と呼ばれています。

anomeric effect1.gif

 

この効果は以下の2通りの説明がなされます。

A 酸素原子上の孤立電子対が、C-X結合の反結合性軌道に超共役して非局在化され安定化されるという説明。

B 双極子反発が小さくなるために安定化されるという説明。

anomeric effect2.gif

 Aの説明の方がよく使われているでしょうか。少なくとも私はAの説明で習った気がします。しかしながら最近では、計算化学によりBの説明の方が適切なのではないかという報告もなされております。

 一つ一つの現象を解明するのも化学の面白さの一つ。大学の授業のノートをもう一度引っ張り出してみると、新しいアイディアが湧いてくるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 真理を追求する –2017年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨…
  2. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  3. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  4. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  5. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  6. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  7. ブートキャンプ
  8. 研究者よ景色を描け!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  2. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  3. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  4. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  5. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  6. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  7. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  8. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  9. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  10. Ns基とNos基とDNs基

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP